ザ・ビートルズの「イエスタデイ」が、史上最も稼いだ曲のトップ10に入った。英BBC4が先月28日(金)に放送したドキュメンタリー番組「ザ・リッチエスト・ソングス・イン・ザ・ワールド」の中で音楽の著作権から生まれる印税の仕組みを解説した上で、音楽史上最も稼いだ10曲を選出し、ポール・マッカートニーが作詞、作曲を手掛けた「イエスタデイ」が4位にランクインしている。

◆ザ・ビートルズ画像

第1位に輝いたのはパティ・ヒルとミルドレッド・J・ヒルの姉妹が作曲した「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」で、1990年以降ワーナー・チャペル社が著作権を所有し、同社は3000万ポンド(約42億4000万円)を稼いでいる。

また、ライチャス・ブラザーズの「ふられた気持」と「アンチェインド・メロディ」は著作権から多くの利益をあげており、それぞれ3位と5位にランクインした。

さらにザ・ポリスの1983年に発表した5枚目のアルバム「シンクロニシティー」に収録された「見つめていたい」が8位に入った。

著作権で史上最も稼いだ曲トップ10:

1.「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」パティ・ヒル、ミルドレッド・J・ヒル/ワーナー・チャペル社
2.「ホワイト・クリスマス」アーヴィング・バーリン
3.「ふられた気持」ライチャス・ブラザーズ
4.「イエスタデイ」ザ・ビートルズ
5. 「アンチェインド・メロディ」アレックス・ノース、ハイ・ザレット/ライチャス・ブラザーズ
6.「スタンド・バイ・ミー」ベン・E・キング/ジェリー・リーバー、マイク・ストーラー
7.「サンタが街にやってくる」ジョン・フレデリック・クーツ、ヘヴン・グレスピー
8.「見つめていたい」ザ・ポリス
9.「オー・プリティ・ウーマン」ロイ・オービソン
10.「ザ・クリスマス・ソング(メリー・クリスマス・トゥ・ユー)」メル・トーメ/ナット・キング・コール