ヴァンパイア・ウィークエンドが2013年春にも新作アルバムをリリースすると発表した。

◆ヴァンパイア・ウィークエンド画像

新作のリリースは、2010年に発表したセカンド・アルバム『コントラ』以来となるが、エズラ・クーニグ、ロスタム・バトマングリ、クリス・トムソン、クリス・バイオらバンドメンバーによれば、タイトル未定の新作アルバムではアッシャーやメジャー・レーザーの作品を手掛けてきたアリエル・レヒトシェイドが共同プロデューサーを務めており、すでにニューヨークとロサンゼルスでレコーディング済みだという。

ボーカルのエズラは、「ダークでオーガニック」と形容する今回の新作について「まさに本の第3章といった感じなんだよ…。デビューアルバムでもうすでに俺ら自身や他の実在の人たちを基にいくつかの人物像を作り出しているから、そのキャラクター達の悩みや人生がどうやって展開してきたかを今回語るのはそう難しいことじゃなかったんだ」と語っている。

ヴァンパイア・ウィークエンドは最近、米TV番組『ジミー・キンメル・ライブ』で新曲「アンビリーバーズ」を披露したばかりだ。