テイク・ザットがイギリスで最も稼ぎの良い再結成グループ1位に選ばれた。ゲイリー・バーロウ率いるテイク・ザットは2005年に再結成して以来、ツアー活動をこなす他、2006年に『ビューティフル・ワールド』、2008年に『ザ・サーカス』、2010年に『プログレス』とコンスタントにアルバムをリリースし、いずれも英チャート1位を獲得するなど好調で、再び結成して以降、1億3000万ポンド(約187億円)を稼ぎ出している。

◆ゲイリー・バーロウ(テイク・ザット)画像

2位には、2012年にカムバック・ツアーを行い、グレイテストヒッツ・アルバムもリリースしているスパイス・ガールズが2500万ポンド(約35億9800万円)でランクインしている。

続いて、ツアー興行が好調なブラーとザ・ストーン・ローゼズが3位、4位にランクインし、カムバック・ツアーとベストアルバム『ザ・アルティメット・コレクション』をリリースして1000万ポンド(約14億3800万円)を稼ぎ出したステップスが5位に滑り込んでいる。

イギリスで最も稼いだ再結成グループ トップ10
1.テイク・ザット:1億3000万ポンド(約187億円)
2.スパイス・ガールズ:2500万ポンド(約35億9800万円)
3.ブラー:1500万ポンド(約21億2700万円)
4.ザ・ストーン・ローゼズ:1200万ポンド(約17億円)
5.ステップス:1000万ポンド(約14億3800万円)
6.マッドネス:500万ポンド(約7億1900万円)
7.シンプル・マインズ:300万ポンド(約4億2500万円)
8.セックス・ピストルズ:250万ポンド(約3億5400万円)
9.パルプ:150万ポンド(約2億1200万円)
10.ハッピー・マンデーズ:75万ポンド(約1億600万円)