U2が新作アルバムの制作に取り掛かっているのは先にお伝えした通りだが、通算13枚目となる仮タイトル『10リーズンズ・トゥ・イグジット』に対し、ボノは絶好調と語っている。

◆ボノ画像

「俺達は今、アルバム制作に夢中になっているところさ。新作レコードを作りたい衝動に駆られているんだ。もし10年かかったって構わないよ。たとえ完成しなくたって気にしないさ。良い作品を作りたいだけなんだ。バンド内では新作を『10リーズンズ・トゥ・イグジット』って呼んでるよ。でも実は少なくとも6個くらいタイトル候補があるんだけどね」──ボノ

とはいえボノは、2012年12月にインフルエンザにかかってしまい、レコーディングを一時中止しなければいけなかったらしい。

U2は史上最高の興行収入を記録した<360°ツアー>を2011年に完了し、以来しばらく休息をとっていた。その間ボノは家族を連れて世界中のパワースポットを巡るを旅をしており、その体験が今回のアルバム制作にインスピレーションを与えたという。旅行についてボノは「バンド活動が休みで時間があったから、世界中を旅したのさ。一生に一度の経験とも言えるね。アフリカや中央アメリカなんかに行ったんだ」「それからヨルダンやイスラエル、ペルーにも行ったよ。休みも大事だよね」と語っている。