シェネルのアルバム『ビリーヴ』に「ストーリー」と「ビリーヴ」の中国語Ver.が追加収録となり、台湾、香港、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、マカオにて1月18日(金)より順次配信がスタートとなった。

◆シェネル画像

中国系マレーシア人の父親を持つシェネルにとって、中国語は幼少期に身につけていた言語であり、アーティストとしていつか中国語で曲を発表したいと長年思っていたものだ。ここにきてKKBOXのチャートの大好評を受け、台湾および中国圏のファンに中国ヴァージョンを届けたいと制作に入り、ついに完成となったもので、中国語の歌詞を手掛けたのは、元CORE OF SOULメンバーで北京生まれ東京在住のコンポーザー/プロデューサーのソン・ルイだ。中国語ヴァージョンには、シェネル本人も父親も大満足の仕上がりだとか。

「ずっと夢見てきたことなんです。言葉の壁を乗り越えて、台湾で私の音楽が受け入れられているということに、本当に本当に感謝しています!早くファンのみんなに会って、台湾のことをたくさん知りたいです。子供の頃に憶えたのは中国語(北京語)だったので、改めて中国で歌うのがとっても新鮮です!気に入ってくれると嬉しいです。私のルーツの一部にあるカルチャーにこれからたくさん出会うと思うと、ワクワクします!」──シェネル

シェネルの活躍は日本や本国アメリカのみならず、着実にアジア圏にも広がっている。

◆シェネル・オフィシャルサイト