ジャスティン・ビーバーが新作コンサート映画を製作中のようだ。大ヒットを記録した『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』以来となる新作コンサート・フィルムをフロリダ州マイアミにて撮影中だというジャスティンは、26日(土)にツイッターで「そう、発表するよ…ここマイアミで映画の撮影中なんだ。明日もお互い頑張ろうね!」と同新作の撮影を発表している。

◆ジャスティン・ビーバー画像

同新作は『ビリーヴ』ツアー映像をベースにした3D作品となるようで、ジャスティンのバック・ダンサーを務めるカーレーナ・ブリッチも「マイアミのみんな、一緒に盛り上がって、良い作品にしましょう!ビリーヴ3D」とツイートしている他、ジャスティンの親友アルドレド・フローレスも、撮影現場の舞台裏について「また新しい映画を作っているよ!スッゲーいい作品さ。めっちゃクール!」とコメントしている。

新作の撮影を楽しんでいる様子のジャスティンだが、2年間くっついたり離れたりを繰り返していたセレーナ・ゴメスと1月頭に完全に破局したばかりのため、28日(月)に掲載されたビルボード誌のインタビューでは「今の僕はこれまでの人生で一番落ち込んでいる時期なんだ」と現在の辛い心境を告白している。

ジャスティンは、1月29日(火)に新作アルバム『ビリーヴ~アコースティック』をリリースしたばかりだ。