ニューヨーク、デュッセルドルフ、ロンドンで絶賛された「クラフトワーク 3D CONCERT 12345678」が遂に日本に上陸する。

テクノ・ミュージックのオリジネイターであり音楽ファンやミュージシャンから絶大なる評価を得ているクラフトワーク。彼らが2012年4月、ニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催したコンサート「クラフトワーク 3D CONCERT 12345678」は大きな反響を呼んだ。3D映像を駆使し8枚のオリジナル・アルバムを8日間にわたって全曲披露するそのステージは、テクノ・ミュージックの歴史に刻まれるエポックメイキングな公演となった。

大きな反響を呼んだコンサートは2013年1月にドイツ・デュッセルドルフのノルトライン・ヴェストファーレン美術館で、そして2月にはロンドンの近代美術館テート・ギャラリーでも開催され絶賛された。

その話題のコンサート「クラフトワーク 3D CONCERT 12345678」が5月に遂に日本に上陸する。

「クラフトワーク 3D CONCERT 12345678」の注目すべき点は、これまでステージでは演奏されなかったレパートリーも含むアルバム収録曲全てを日替わりでリリース順に披露しているところ。そして、映像担当の新メンバーを加入させステージに映しだすCGを一新し3D。観客は3Dメガネでライヴを鑑賞するという、これまでにない体験をすることになる。東京公演は日替わりで8枚のアルバムを最新の3Dビジョンで再現する。

70年代にテクノ・ミュージックというジャンルを築き上げ、80年代のテクノ・ポップ百花繚乱の原動力となったクラフトワーク。90年代にはヒップホップ・アーティストがサンプリングネタにこぞって彼らの曲を取りあげた。年代、ジャンルを横断してポップ・ミュージック全体に大きな影響を与え続けているクラフトワーク。彼らの実験と挑戦は音楽シーンに新たな地平を切り拓いてくれるだろう。

PHOTO + WORLDWIDE 2012 (C) by PETER BOETTCHER

<公演日程>
5/8(水) 赤坂ブリッツ 19:00 『アウトバーン』('74)
5/9(木) 赤坂ブリッツ 19:00 『放射能』('75)
5/10(金) 赤坂ブリッツ 19:00 『ヨーロッパ特急』('77)
5/11(土) 赤坂ブリッツ 17:00 『人間解体』('78)
5/13(月) 赤坂ブリッツ 19:00 『コンピューター・ワールド』('81)
5/14(火) 赤坂ブリッツ 19:00 『テクノ・ポップ』('86)
5/15(水) 赤坂ブリッツ 19:00 『THE MIX』('91)
5/16(木) 赤坂ブリッツ 19:00 『ツール・ド・フランス』('03)
5/18(土) なんばHatch 18:00

◆ウドー音楽事務所