ドラマや映画、CM・バラエティ番組などなど、目にしない日はないくらいに活躍中の人気子役、鈴木福と谷花音の小学2年生ユニット・福と花音が、2月6日にシングル「ネコニャンニャンニャン イヌワンワンワン カエルもアヒルもガーガーガー」でデビュー。これを記念して、ミニライブとハイタッチ会からなるリリースイベントを開催した。

◆福と花音 シングル「ネコニャンニャンニャン イヌワンワンワン カエルもアヒルもガーガーガー」リリース記念イベント 画像

BSフジ『beポンキッキーズ』のメインMCを勤めるふたりが番組の衣装で登場すると、会場からは大きな歓声が沸き起こる。福くんはイヌを、花音ちゃんはネコをそれぞれモチーフにしたかわいい衣装が印象的で、会場にはそれぞれの衣装を真似た観客も見受けられた。

“福と花音”としてCDリリース後、初めてのライブだったこともあり、ふたりはちょっとだけ緊張している様子。1曲目の「ネコニャン~EAST篇~」は福くんの掛け声からスタート。歌い出すと、元気なふたりにつられて、会場内の子供たちも一緒に口ずさみはじめた。

そんな息ピッタリのふたりは、レコーディングや撮影の時も楽しくゲームをしたりして遊んでいたとのこと。お互いのことも「いつもニコニコしてて一緒にいると楽しい」(福)、「面白くて、おしゃべりも楽しい。色々なことを相談しあえる」(花音)、と、相性はぴったり。長時間の撮影もあっという間に感じたようだ。

カップリング収録の「歩いて帰ろう」「ロックン・オムレツ」も披露したが、これもオリジナルの振り付けを可愛くパフォーマンス。2曲とも、(なんと!)ふたりが生まれる前のヒット曲だが、曲は知っていたとのこと。

最後に歌った4曲目には「ネコニャン~WEST篇~」。こちらは花音ちゃんの関西弁からスタート。集まった人たちと「ネコニャンダンス」を練習した後でもあり、会場みんなで盛り上がった。

イベント翌週はバレンタインということもあり、花音ちゃんは福くんにチョコレートを用意。会場から何かを期待する歓声がどっと起こったが、福くん曰く「初めて知り合った3歳の時から“友チョコ”としてもらってる。」と、コメントして笑いを誘った。さらに福くんは「去年は本命チョコをもらったかどうかは秘密。」だそうで、「あまりモテない。クラスで3~4番目に人気がない」と、発言。お茶の間の人気者は必ずしもプライベートもモテモテではないのか、はたまた単に謙遜しているのか。その辺も気になるところだ。

◆福と花音 オフィシャルサイト