ランディ・ローズの命日だった火曜日(3月19日)、オジー・オズボーンが31年前に亡くなった友人を追悼した。

◆ランディ・ローズ画像

オジーはTwitterに、犬を抱き笑顔を浮かべているローズの写真と一緒に「君がいないことをまだ毎日、寂しく思っている。友人よ、安らかに眠れ」とのメッセージを掲載した。

クワイエット・ライオット、オジー・オズボーン・バンドで活躍したギタリスト、ランディ・ローズは1982年3月19日、オジーの全米ツアーの合間に知人宅で搭乗した小型飛行機が墜落し死亡した。まだ25歳だった。

オジーは彼の死に多大なショックを受け、その夜、妻のシャロンに「俺はもうロックンローラーじゃいられないと思う」と話したという。2011年に行なわれたインタビュー(英『The Guardian』紙)でも、まだ友人の死を完全に乗り越えたわけではなく抗鬱剤を服用することがあると話している。オジーは、ローズのプレイを初めて観たとき「世界で最高のギタリストだと思った」そうだ。彼に「目的と希望を与えてくれた」という。

Ako Suzuki, London