加藤和樹が、ボカロの名曲「千本桜」をカバーした動画を3月24日にニコニコ動画で公開した。動画は24時間たらずのうちに10万回再生を突破。「イケボ」「プロの犯行」といったユーザーからのコメントとともに、今も再生回数を伸ばしている(「歌ってみた」ランキング最高位1位、総合合算チャート総合3位)。

◆加藤和樹 舞台『千本桜』、シングル「軌跡」 画像、歌ってみた動画

「千本桜」は元々、2011年9月に黒うさPがニコニコ動画に発表した楽曲。数々のボカロ楽曲の中でも“神曲”と崇められるほどの人気曲で、これまで数々の二次創作が発表され、550万再生以上(2013年3月26日現在)というメガヒットを記録。カラオケでも年間チャート上位を占めるという、ニコニコユーザーの中では超メジャーな作品だ。

加藤は先日、この「千本桜」のアナザーストーリーともいえる、青音海斗(せいね かいと)を主人公とした初の舞台『音楽劇 千本桜』の主演を務め、この舞台の中でも同曲を歌い好評を得た。そんな縁もあって今回の動画アップになったとのこと。なおこの動画の演奏には、関西のピアノロックバンド・アカシアオルケスタのメンバーなどが参加している。

「ニコニコミュージカル『音楽劇・千本桜』がきっかけで知ったボカロ曲の数々。皆さんが数々発表されているのを知り、聴いていくうちにはまっていきました。自分が今までやってきた歌も、ボカロも、ジャンルは違えど同じ“音楽”です。自分自身が音楽に突き動かされた人間なので、これを機にもっともっと音楽の持つ力、世界が広がればいいな、と思っています」── 加藤和樹

同舞台で加藤は、先の黒うさPが舞台用に書き下ろしたバラード曲「上弦の月」も歌唱。そして、この「千本桜」と「上弦の月」を収録したシングル「軌跡」を4月24日に発表する。



◆加藤和樹 オフィシャルサイト
◆【インタビュー】ピアノロックバンド・アカシアオルケスタ、「ギターサウンドに敵意むき出しで、血気盛んだった頃の尖った感じが蘇った。」