パリス・ジャクソンは、自身の育ったネバーランドを再建したいようだ。現在15歳のパリスは今回、今は荒廃しているネバーランドを再び訪れ「父親のマイケル・ジャクソンが残したネバーランドを昔の状態に復元したい」という決意を新たにしたという。

◆パリス・ジャクソン画像

パリスはメール・オン・サンデー紙の発刊するイベント誌に「(2009年に訪れた時には)泣きじゃくってしまったわ。美しい場所なの。今でもまだ良いエネルギーが満ちてるわ。昔の状態に復元されるべきだと思うの。そうすれば子ども時代を楽しく過ごせなかった子ども達がそこで楽しく遊べるでしょ。それが父の目標だったの。病院にいる子ども達みたいな子のためにね。遊園地の乗り物とか全てを修復すべきよ。私が大人になったらすぐにでもやる気よ。楽しみにしてて」と話している。

さらに父親であるマイケルを慕っているパリスは、生前に自身を含めた子ども達に公の場ではマスクをさせるなどというマイケルの一見過保護な性格についても弁護している。「子ども達にとってベストなことを父は求めただけよ。私達の健康をいつも気に留めていたわ。勉強もちゃんとするようにってね。自分ができる限り私達をきちんと教育しようと努力してくれて、いつも私達を守っていてくれたわ。ある意味すごく過保護なの。マスクをするのも父のアイデアだったわ。私達の素顔を他人に見せたくなかったのね。そうすることによって私達は、父が過ごすことのできなかった普通の子ども時代を送ることができたのよ」