6月19日にリリースが決定している『連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック』が、サントラ盤として異例の初回出荷数1万5000枚を突破した。通常ドラマのサントラ盤の初回数は3000枚弱と言われているから、なんと通常の5倍の出荷枚数。レコード会社によると、「オープニング曲が世代を超えて愛され、オープニング曲の配信がロングヒット中であることや、サントラ及び、ドラマ全編の音楽を担当した大友良英による劇中で流れる数多くの印象的なサウンドに対する期待感が大きいと思われる」とのこと。

「毎朝、あのテーマ曲を聴いてから出かけたくて、生活スタイルを変えるほど社会現象になっている『あまちゃん』。全35曲にも及ぶサウンドトラックで、これからは出勤中もあまちゃん生活一色になりそうです。」── タワーレコード商品本部O.S.Tバイヤー・真志田さん

5月より先行配信された「あまちゃん オープニングテーマ/ロングバージョン」は、レコチョクランキング シングル、着うた(R)ともにデイリー1位を獲得、さらに各配信ランキングでも軒並み上位チャートインとロングヒット中だ。

また7月にパルコで開催される大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンドによるサントラ発売記念のレコ発ライブには、定員430人に対してプレオーダー(抽選制)応募が3500を超えるという人気ぶり。なお、チケットの一般発売は6月8日から。

◆サントラ発売記念のレコ発ライブ チケット情報
◆「連続テレビ小説 あまちゃん オリジナル・サウンドトラック」レーベルサイト