プレミアム低アルコール飲料「ZIMA(ジーマ)」が開発したソーシャル・パーティー・ロボットバンド「Z-MACHINES(ジーマシーンズ)」が、6月24日、リキッドルーム恵比寿でデビューライヴを行った。

「Z-MACHINES」は、ZIMAが、「世界は日々進化しているのに、パーティーは進化しているのだろうか?」という問いのもと、「未来のパーティー」の実現を目指して開発を進めてきたロボット・バンド。メンバー(?)は、ギターロボット「MACH(マッハ)」、ドラムロボット「ASHURA(アシュラ)」、キーボードロボット「COSMO(コスモ)」で構成。いずれも超人的な演奏が可能で、たとえばギターロボットのMACHはツインネックのギターを抱え、弦を抑える指(シリンダーで駆動)は78本、12個のピックで速弾きもこなし、コード弾きでは指で押さえたままでスライドすることも可能となっている。

「楽曲データのシーケンスをシンセにそのまま流せばいいじゃん」となるところを、ロボットが実際にギターやドラムを物理的に演奏するところがこのバンドのキモ。ライブでは速弾きをはじめロボットならではの超絶技巧を披露、まさに人間ばなれした圧巻のパフォーマンスを見せた。


▲鮮やかなビームを鍵盤に向けて発射するキーボードロボットCOSMO、超人的な速弾きのギターロボットMACH、21本のドラムスティックを装備、人間では演奏しきれない数のキック、スネア、タム、シンバルで構成されるドラムキットを操るドラムロボットASHURA。
トークショーには、COSMOの開発者であるCGアーティスト・東京大学大学院教授の河口洋一郎氏、MACHとASHURAの開発者米塚尚史氏、Z-MACHINESの1曲目『POST PEOPLE, POST PARTY』を手がけたDJ TASAKAが出演。河口氏は、COSMOのコンセプトについて「5億年前の太古の昔から今を見て、5億年ぐらいの新型ロボット」「魚型の進化型ロボット」「ひれも触手になっている」と説明。「見たことのないような、どっきりするような存在感の魚型の進化系のロボットはなかったと思う」とコメント。米塚氏はASHURAについて「6本の手」「ドラムロールを細かくやりたいと思ってたらついにドラムの数が増えちゃった」と22個のドラムを解説。背後のドラムは雷さまのイメージと紹介。MACHについては、髪の毛はいろんな色のLANケーブル、ベルトはエフェクターと解説された。また、ソーシャル機能も装備しており、Webで投稿したヘッドバンキング映像を感知して同じようにヘッドバンキングすることも紹介された。


▲トークショーに出演した河口洋一郎氏、米塚尚史氏、DJ TASAKA(写真左から)。ロボットもトークに参加。
DJ TASAKAは楽曲について、最初はエレクトロニックでパーティーを盛り上げるというイメージだったが、「見た目と、タムの並んでいる雷さま感を見ると、そんなクールな感じじゃないかな?」「もっと演奏したいだろうな」ということで「じゃあ、こんだけやってみろよ」と楽曲のBPM(テンポ)が速くなったエピソードを披露、「まだまだいけるんだろう」とZ-MACHINESのさらなる可能性を語った。また、6人分の演奏をするZ-MACHINESのプレイを見た感想として「いっちゃえば無駄というか(笑)。6人集まればいいんじゃねーかっていうことを、こんなクールにやってるんですけど」「徹夜してスタッフが。ずっと努力の結晶がここにある。おもしろいことだなと思いますよよ」とコメントした。

ライブ中盤では、リアル原宿ファッションシーンでカリスマ的人気を誇るAMOとAYAMOによるユニットAMOYAMOが登場。『MAGIC』をZ-MACHINESをバックに歌い上げ、「いつもは2人だけでパフォーマンスしてるので、こんなにぎやかすぎるステージは初めて」「すごかった」「すごい頭振ってたし!」とステージ後の興奮を語った。さらにZ-MACHINESともトーク、「みんなはどこに住んでるんですか?」と質問すると「ZIMAの研究所、というか倉庫」とMACHが回答。さらに「ここまでどうやって来たんですか」と聞くと「電車」「いやいや冗談。4トントラック」と回答、会場を笑わせた。「ZIMAは飲むの?」との質問には「飲まない」「飲みたい」との答えが返ってきた。

Z-MACHINESは、夏の音楽フェスの参加などいくつかの活動が予定されている。また、Z-MACHINESが演奏する楽曲は現在募集中。選ばれた楽曲はライヴで演奏されるほか、特別賞としてスタインバーガーのギターがプレゼントされる特典も用意される。詳細はZ-MACHINESのサイトをチェックしよう。







◆「Z-MACHINES」プロジェクト
◆YouTube公式アカウント ZIMA Z-MACHINES