イベントもそろそろ中盤、空には大きな雲が広がり太陽が隠れだした。そこへREVOLUTION STAGE、4番手に登場したACIDMANは景色すらも味方につけるような美しくも激しい、気持ちの昂ぶるロックサウンドでオーディエンスを盛り上げた。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013> ACIDMAN 拡大画像

ステージが始まるジングルがなったとたん、続々と前へ前へと駆け込むオーディエンスたち。「太陽のエネルギー、自然のエネルギーを音に代えて。最高のイベントを作りましょう」、大木伸夫(Vo&G)が語りかけ1曲目「新世界」が始まる。曲の一音が鳴ったその瞬間から凄まじい爆発力で観る者を一気に引き付ける。浦山一悟(D)のリズムが真っ向からぶつかってくる「River」、タイトルのままに佐藤雅俊(B)のベースが身体の中に流れて心地よい脈拍を打つ。音郡にどっぷりと身を任せていたくなる。

大木のメロディーを奏でた瞬間に歓声が上がった。彼らの1stシングル「赤橙」が披露されるとフィールドはさらに盛り上がる。大木の歌声は優しくも力強く、感情を揺さぶる。ステージ後方、雲が晴れ間を見せオレンジに輝く太陽が顔をのぞかせる。最高の景色が楽曲に花を添える。続く「リピート」、楽曲の上り詰めていく感覚にステージから目が離せなくなる。楽曲により音を浴びようとオーディエンスは高く高く手を掲げる。

「自然の中で生まれたなら、制御できないエネルギーを使うんじゃなくて、自然のものを使えたら…。そう考えるキッカケになれば。キレイごとと言われることもあるけれど、キレイごとを言い続けた人、それが世界を変える。シンプルに正しいことを続けていけたら…」と語る大木。自身らも先日の武道館でのワンマンライブでソーラー発電によるエネルギーを使ってライブをしたという。自然や環境について考えて行動していくことの大切さを優しく言葉にして伝える。そして、「太陽の魔法のような曲を…」と「アルケミスト」へ。信じるものをずっと信じ続ける、それがいつか大きな力になる、そんな想いがシンプルで壮大な楽曲をより大きく魅せてくれる。

ステージも後半、浦山のドラム、佐藤のベースがフィールドに地響きを起こし、大木のがなりたてるようなギターがテンションをブチ上げる「to live」で一気に爆音を放つ! 檻から抜け出したライオンのような、開放されてより狂気を増したサウンドはラスト「ある証明」でさらに強靭になってステージで暴れまくる。拳を突き立てオーディエンスを煽る佐藤、声の出る限り叫ぶ大木、乱れ打つ浦山のリズム、彼らのすべてに魅了された全7曲。まだ足りないと彼らを呼ぶオーディエンスの声が長く聞こえた。

取材・文◎黒田奈保子 撮影◎三浦麻旅子

■ACIDMAN@REVOLUTION STAGE SETLIST
1.新世界
2.River
3.赤橙
4.リピート
5.アルケミスト
6.to live
7.ある証明

◆<THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
◆ACIDMAN オフィシャルサイト