日が暮れたREDEMPTION STAGEに到着すると、これまでのの集まり方とは大きく違い、ステージ前から後方まで、たくさんの人が芝生に腰を下ろしていた。年齢層は高く、ご夫婦や家族で泉谷しげるの登場を待っている様子だ。泉谷がフェスに出演する。叩き上げのフォーク・シンガーとしてゲリラライヴも数多くおこない、場所の大小を問わず、ステージで完全燃焼するアーティストなだけに、今回のステージも興味が尽きない。

◆泉谷しげる 拡大画像

ステージ前のお客さんが立ち上がった。主役の登場を待ちわびるなかSEが流れ、泉谷しげるがバンドのメンバーと共に登場した。“なんで俺を呼んだんだコノヤロー!”という第一声に大歓声が。いきなり激しいギター・サウンドが鳴り響き、“中津川―!”とそのインストに合わせて叫ぶ泉谷。ギターの藤沼伸一からソロを廻して順番にメンバーを紹介……するのかと思いきや、ベースとドラムがソロを弾き始めるや演奏を止めた。“やめ、やめ、電気の無駄! 俺が全部電気を使ってやる!”と演奏を再開した。これには観客も大喜びだ。ステージに上がってからわずか2分程で観客の心を掌握するあたりはさすが。そして歌い出したのは「ハレルヤ」だった。泉谷のギター弾き語り始まりから、バンドがそれに加わっていく。百戦錬磨のミュージシャンたちだけに泉谷の雄叫びに負けないタイトなサウンドが太く大きい。観客も“ハレルヤ!”の大合唱をみせるが、“早く次のステージ行けよ! 俺もどっちかっていうと仲井戸麗市が見たいんだ”とのMCに笑いと拍手が沸き起こる。ふと後ろを振り向いてみると、会場上の道路から見ている人も多い。

聴きなれたギター・リフが刻まれると曲は「眠れない夜」へ。「火の鳥」でバンドの音はよりヒート・アップしたハードなサウンドになっていったが、それでも泉谷の声がよく通る。ベースが激しくフレーズを続け、「君が代」をフレーズに盛り込んだ藤沼のギターは、「国旗はためく下に」へ突入した。次々と畳み掛けるように楽曲を放つ泉谷とバンドに、先程まで笑っていた観客たちも圧倒されているようだ。

続く“アンコール”は、「春夏秋冬」だ。“お前ら手拍子するんじゃねえよ! 静かに聴く曲だぞ? だから田舎のフェスだって言われちゃうんだよ!”と毒舌を吐きながらも嬉しそうな笑顔を見せた。客席には歌詞を噛みしめるように歌うファンの姿も見受けられる。“今日ですべてが変わる 今日ですべてが報われる……お前たちも辛いこと、あるだろう!? じぶんのために歌え!”との熱いMCが胸をかきむしる。続けざまに「野生のバラッド」を歌い出した泉谷だが、これがまるで生き急ぐかのようにテンポが速かったのだ。“この曲を盛り上げるために、ジャンプしてくれ!”と言いながら真面目に飛ぶ観客に毒舌と気遣いを見せつつ、道路の上から見ているお客さんまでを巻き込んで、ステージを、フェスを、堂々と盛り上げた。あくまでもいつもどおりの泉谷しげるだったが、その求心力が生きる勇気を多くの人に与えているのだと改めて気づかされるライヴだった。

取材・文◎岡本貴之 撮影◎岡村直昭

■泉谷しげる@REDEMPTION STAGE SETLIST
1.テーマ
2.ハレルヤ
3.眠れない夜
4.火の鳥
5.国旗はためく下に
6.春夏秋冬
7.野生のバラッド

◆<THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
◆泉谷しげる オフィシャルサイト