REVOLUTION STAGEのトリ前に登場するのは斉藤和義と中村達也によるユニットMANNISH BOYSだ。2011年の突然の結成以来、ツアーやフェスで見せるユーモアと毒をまぶしたパワフルな演奏で、両者のファンならずとも音楽好きには気になる存在である。レベル・ミュージックとしてのMANNISH BOYSは、反骨精神から始まったとも言えるこのフェスに相応しい。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013> MANNISH BOYS 拡大画像

19:20、会場内にMUDDY WATERSの「MANNISH BOY」が流れた。暗闇の中にうごめく2人の影が見えると物凄い歓声が上がり、周囲を見渡せばフィールド後方まで人が集まっていることが確認できる。「MANNISH BOYSのテーマ(Opening)」から始まったライヴは、雄叫びを上げながらビートを刻む中村達也のドラムに乗せ、斉藤和義がディストーション・サウンドでギター・リフを弾く「Mach Venus」へなだれ込む。“オ~イェー!”と何度も観客へレスポンスを求める斉藤和義と“WE ARE MANNISH BOYS!”と叫びながら激しくドラムをプレイする中村達也。どちらも最初から飛ばしているというよりは、どちらも同時爆発するのがこのユニットなのだろう。斉藤和義のアルバム『45 STONES』収録曲の「猿の惑星」は中村達也が参加したナンバーである。“ウッキキッキ~”と観客が歌うサビのコーラスも楽しげだ。

お揃いのツナギに身を包んだ2人がステージ前ですれ違うとパート・チェンジを行なった。ギターを掻き鳴らしながらマイクに向かう中村達也だが、“高いな、マイクの位置が(笑)”と調節しつつ苦笑い。一方の斉藤和義がドラムを担当する「ないない!」は世の中の“ない”事象にダメ出しをするパンキッシュナンバーだ。“よくも世界に向かってあんな大嘘つけたもんだな”と総理大臣に噛みつき、“オリンピックでは是非国家斉唱をMANNISH BOYSにやらせてもらいたい”と宣言した(その他の下ネタは割愛)。

その後、ベース・キーボードのサポートに堀江博久が加わったステージは「Dark is easy」を披露した。激しいダンス・ビートに斉藤のアコギのシャキシャキとしたカッティングが最高に心地良く体を揺さぶる。「DIRTY BUNNY」ではディレイをかけたギターとキーボードのスペイシーなサウンドに中村達也のポエトリー・リーディングを乗せて演奏される。「ずっと嘘だった」のフレーズを高速ビートの「あいされたいやつらのひとりごと」に挟みこむというアレンジには客席が沸いた。

ラストは「MANNISH BOYSのテーマ(Ending)」、嵐のように駆け抜けた50分間のセットだったものの、トップ・ミュージシャン2人のとてつもなくレベルの高い音遊びが堪能できた。MANNISH BOYSは電気を無駄にしない最少編成のロックバンドでもある。

取材・文◎岡本貴之 撮影◎三浦麻旅子

■MANNISH BOYS@REVOLUTION STAGE SETLIST
1.MANNISH BOYSのテーマ(Opening)
2.Mach Venus
3.猿の惑星
4.ないない!(パートチェンジ)
5.Dark is easy
6.DIRTY BUNNY
7.LOVE&LOVE
8.あいされたいやつらのひとりごと
9.MANNISH BOYSのテーマ(Ending)

◆<THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
◆MANNISH BOYS レーベルサイト