2日間に渡って開催された<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013>を締めくくるのはもちろん、THEATRE BROOK!! イベントの集大成をその目に焼き付けようとオーディエンスがステージの前へ前へと次々に集まる。

◆<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2013> THEATRE BROOK 拡大画像

バックライトに煌々と照らされ、メンバーが登場すると1曲目「キミを見てる」でステージが始まる。佐藤タイジ(Vo&G)のギターが淡々と鳴り響く。今日だけでなく、初日のステージにも数多く出演してきた彼。まったく疲れを見せない素晴らしいギターを奏で、オーディエンスを魅了する。

大地を一歩一歩歩くような雄大な彼の歌声に優しさを纏ったうつみようこ(うつみようこ&YOKOLOCO BAND、インディーズ電力)とLeyonaのコーラス、そして中條卓(B)の最高にグルーヴィーなベースが観るものの身体を大きく揺らす。

“ひとつずつやるしかない ひとつずつしかできない 答えは用意されていない オレたちは歩いている”、リリックの言葉ひとつひとつがじわじわと染みていく。ファンクなサウンドに自然と一緒になって声を出してしまう「ドレッドライダー」では、エマーソン北村(Key)が華やかさを添える。豪快なロックサウンドに血がたぎる「ノックしつづける男」では、沼澤尚(Dr)のドライでハリのあるリズムに乗って佐藤のギターが突っ走っていく。

MCでは、主催した本人さえも「(中津川に)来て良かったと思ってるもん」と言ってしまうほど、このイベントで充実した時間を過ごせていることをオーディエンスに伝える。次曲「イカロスの大地」はバンドだけでのステージに。佐藤のギターの唸り、中條の弾むベース、沼澤の芯の通った強固なリズム、エマーソンのファンキーなメロディー。シンプルだけど熟練しまくりの4人の音は正直、余計な言葉がいらないほどに最高に気持ち良い。

曲終わりのMCで再度、イベントが開催できたことへの嬉しさを自虐的な笑いも含ませつつ伝える佐藤。「(ヒット曲なくても、これだけのイベントが)やれるねん!! 音が良いねん…。 そういうことって政治とかいろんなものを飛び越えてる。…音楽の力!! 音楽好きの勝利やで!」と顔をくしゃくしゃにして笑いながら話す彼は心底楽しそうだ。

再度コーラスが入り「心臓の目覚める時」へ。曲紹介だけで観客が沸き立つのもうなずけるほど、パワフルなグルーヴが鳴り響く。高野哲(ZIGZO、インディーズ電力)がギターで参加した「まばたき」。ぶっとくて熱いサウンド、ぐっと背中を押してくれるようなリリックに高野のアコギが優しくかぶさる。「ギター弾くの超気持ち~です」と、曲を締めていく佐藤のギターソロはもう圧巻すぎて、思わずメモを取る手を止めて聴き入ってしまった。

次曲を紹介する前にもう一人コーラスとして初日にもステージに立った堂珍嘉邦が登場した。同じくコーラスのLeyonaとは広島出身と話が盛り上がるなか、客席からどよめきが…。同じく広島出身のウエノコウジの姿がそこに!!  まさかの、最前列でオーディエンスに混じってステージを楽しむ姿に思わず歓声が沸く。

「みんなが歌える、なんなら弾けちゃうような歌を」と制作したという「もう一度世界を変えるのさ」へ。佐藤の確固たる想いが詰まった、聴くものを優しく諭すようなリリックは会場にいる1人1人に届いているだろう。ステージにいるメンバーと同じようにオーディエンスも柔らかく素敵な表情に見えた。

本編ラスト「ありったけの愛」へ入ろうとすると、この日の出演者が続々とステージに集まりだした(ウエノコウジは客席のまんま)。各々がマラカスやタンバリンを持ち、セッションのように音を鳴らす。豪華な出演者たちの顔ぶれ、もちろんそれはうれしい光景だけれども注目すべきはそこだけじゃない。佐藤タイジの想いに賛同したから、今のエネルギーの供給に疑問を持ったからこそ集まった顔ぶれ。そこにも“ありったけの愛”が視える。会場みんなで一緒になって歌う、ピースにあふれた空間に巨大なグルーヴが生まれ、ステージは終了した。ありったけの拍手が贈られ、2日間はあっという間に終わった。

メンバーが楽屋へ戻り、出演者らに声高らかに出迎えられたころ…まさかの大粒の雨が降り出した。2日間ともに燦燦と太陽が照らしていたのに、すべてのステージが終わるのを待っていていてくれたかのような雨。天気すらも味方につける、これもまた佐藤タイジだからこそ為せる大技かもしれない。

「来年も絶対やるで!! 想うことを止めへんかったら出きるねん! 太陽の力だけでできるねん」、「絶対、みんなの力でこれが出来たんやと思います!!」。

何度も叫ぶ佐藤の言葉にウソはないだろう。なぜなら、2012年の武道館があって今日がある。そして次も必ずある。無理をして作ったエネルギーはいつか終わる。でも、太陽は果てない。ずっとずっと昔からみんなを照らしている。この日のイベント、この運動をまた近いうちに体感したい。そう思える素晴らしいイベントだった。


取材・文◎黒田奈保子 撮影◎岡村直昭 三浦麻旅子

■THEATRE BROOK@REVOLUTION STAGE SETLIST
1.キミを見てる
2.ドレッドライダー
3.ノックしつづける男
4.イカロスの大地
5.心臓の目覚める時
6.やめられないのさ
7.まばたき
8.もう一度世界を変えるのさ
9.ありったけの愛

◆<THE SOLAR BUDOKAN>オフィシャルサイト
◆THEATRE BROOK オフィシャルサイト