ザ・フ―が、2015年にデビュー50周年を記念し世界ツアーを計画しているという。大規模なツアーはこれが最後になるようだ。

◆ザ・フ―画像

ピート・タウンゼントは『Evening Standard』紙にこう話した。「50周年に世界ツアーをやる。俺たちにとって最後のビッグなやつだ。まだプレイしたことがない場所がある。東欧や俺らがオールド・ヒッツをプレイするのを聴いたことがない場所へ行けたらいいね」

デビュー・アルバム『My Generation』(1965年)をリリースしてから50年が経つ2015年、ロジャー・ダルトリーは71歳、ピート・タウンゼントは70歳になる。大規模なツアーはなくなりペース・ダウンするかもしれないが、2人ともソロ活動を計画しているらしく、リタイアからはほど遠いようだ。

Ako Suzuki, London