ベスタクスは、DJコントローラー「VCI-400」をDJソフトウェア「TRAKTOR」に最適化した専用モデル「VCI-400TR」を数量限定の特別バージョンでリリースした。

「VCI-400TR」は、ユニバーサルDJコントローラーの最高峰として高い評価を得ている「VCI-400」のNative instruments社DJソフトウェア「TRAKTOR」に最適化した専用モデル。WindowsとMacに対応する。

「VCI-400」で定評のあったパワフルなオーディオや、操作性が良く苛酷な環境にも耐えうるハードウェアにプロDJからのフィードバックを一つ一つ拾い上げ、ソフトウェアとの高い親和性を実現したMIDIアサインメントによって、プレイヤーの情熱や表現力をダイレクトに伝える「楽器」としてのクオリティを存分に高めている。


▲パネルはTRAKTORに特化、機能名がボタン周辺に示されている。写真のトランスポートボタンは切り替えスイッチで通常のDECK、REMIX DECK、外部入力コントロールを即座に切り替えることが可能。

パネルデザインはTRAKTOR PRO 2に特化(ソフトウェアは付属しない)。ミキサー、CUE/LOOP、エフェクト、LOOP RECORDER、REMIX DECK、FLUX モードなど、TRAKTORの豊富な機能を余すことなくコントロール可能。さらに両デッキ手前に並んだ6つのトランスポートボタンは、本体フロントの切替えスイッチより、通常のデッキコントロール(DECKS)、REMIX DECK コントロール(REMIX)、外部入力コントロール(EXTERNAL)と即座に切り替えることができる。


▲レベル調整付きマイク入力×2、ライン入力(RCAステレオ)×2、出力はXLR×2、Phone×2を備える。

ハードウェアは、現場でのプレイを想定したプロフェッショナル仕様だ。耐久性および安定性の高い、金属軸のロータリーボリュームを採用。現場での視認性を考慮したステータスLEDとアルミ削り出しの大型フィルターノブ、トルク・感度調整が可能な大型JOGホイールを搭載する。MASTER OUTにはバランスXLRコネクタとPHONEコネクタを搭載。LEVEL調整付きのマイク入力を2系統搭載しているのも見逃せない(Neutrick製 XLR/PHONEコンボコネクタ)。また、2系統のLINE入力を搭載しているので、スタンドアローンミキサーとしても使用可能(CH-C、CH-Dを使用)なのもうれしいところだ。

音質面では、XMOS製オーディオチップを搭載しており、スタジオクオリティの非同期USB ストリーミング・システムを採用。USB Audio Class 2.0、24bit/48kHz の高解像度/ 低レイテンシーのビットパフェークトオーディオを実現。デュアルコア・デジタル・プロセッサの搭載とベスタクスのノウハウが凝縮されたアナログパーツの組み合わせが、これまでにないクリアでパワフルなサウンドを作りあげている。

<おもな仕様>
電源:DC7.5V / 1000mA
消費電力:4W(AC100V230V)
専用アダプター:Vestax SDC-7U(同梱)
寸法:457(W) x 328(D) x 61(H) mm (突起物含む)
重量:4.5kg
付属品:USBケーブル、電源アダプター(Vestax SDC-7U)、ドライバーインストールCD-ROM、取扱説明書

◆VCI-400TR
価格:オープン(市場想定売価 69,800円)

◆VCI-400TR 製品詳細ページ
◆ベスタクス
◆BARKS 楽器チャンネル