【2014年グラミー特集】ビヨンセ、話題のアルバム米大手小売りチェーンで販売拒否に/グラミー賞のPV・新曲・ライブ・チケット情報はBARKS音楽ニュース

邦楽・洋楽アーティストのニュース、ライブ・チケット情報、PV・インタビュー等

BARKS バークス

アーティスト情報

ARTIST

【2014年グラミー特集】ビヨンセ、話題のアルバム米大手小売りチェーンで販売拒否に



12月13日(金)に、事前の告知なくニュー・アルバム『ビヨンセ』をiTunes Store独占で先行リリースしたことで話題になっているビヨンセだが、iTunes及びコロムビア・レコード(ビヨンセの所属レーベル)によると、新作アルバム『ビヨンセ』は発売からわずか3日にして米国で617,000枚、また全世界(104ヵ国)で828,773枚を売上げ、米国iTunes史上1週間で最も売れたアルバム及び世界で最速で売れたアルバムとなっている。

◆ビヨンセ画像

また、『ビヨンセ』は今週末から店舗でも購入可能になり、米ビルボートによると多くの店舗に20日(金)までに配送されるという。

アーティストによるデジタル先行発売が今まさに話題となっているが、この程米国大手小売チェーンの「ターゲット」(Target)は『ビヨンセ』を店頭で販売しないと発表。その理由について、「ターゲットでは豊富な音楽関連商品を取り扱っており、お客様に提供しております。しかし、今回の様に店舗でフィジカル入手前にデジタル先行発売をされてしまうと、需要や売上げ予測に影響を及ぼしてしまいます。ターゲットはこれからも店頭で販売可能な商品の販売に注力します。従って、今回『ビヨンセ』を取り扱う予定はありません」と明らかにした。

尚、ターゲットは過去にフランク・オーシャが『チャンネル・オレンジ』をiTunesで先行発売した際にも店頭での販売を拒否している。

ターゲットはCD売上げに大きく貢献していると言われているため、売上げに少し影響が出る可能性もある。しかし、世界最大のスーパーマーケットチェーンである「ウォルマート」(Wall Mart)は『ビヨンセ』の販売を今週末から開始すると発表している。

尚、米ビルボートによると「iTunes」は米国で音楽小売業者であり、2012年は市場の41%に貢献。「ウォルマート」は10%、「アマゾン」は9%、「ターゲット」は5%と言われている。

Photo:FilmMagic

「生中継!グラミー賞ノミネーションコンサート」
12月7日(土)午前11:50~WOWOWプライム


◆WOWOW『生中継!グラミー賞ノミネーションコンサート』サイト
◆WOWOW×BARKS2014年グラミー特集チャンネル

BARKS NEWS READER スマートフォン版 BARKSアニメ・ゲーム 日本のカワイイを世界に発信! Kawaii Girl Japan