ディズニー映画『アナと雪の女王』のヒロイン、雪の女王/エルサの日本語吹替版の声を松たか子が演じることが決定した。松はディズニー映画の声優初挑戦となる。

英語版では、ミュージカル『ウィキッド』でトニー賞も受賞した実力派女優イディナ・メンゼルが演じているエルサ。また彼女が雪の女王になっていくシーンで、喜びとともに歌いあげる楽曲「Let It Go」は、トニー賞受賞の実力派作曲家ロペス夫妻が担当し、第71回ゴールデングローブ賞でも主題歌賞にノミネートされるなど全米で高い評価を受けており、この難役エルサを日本語版では一体誰が演じるのか注目が集まっていた。

松を抜擢したディズニー担当者は、「本作は、ミュージカル要素も非常に強い作品であり、松さんが演じるエルサは、セリフを喋りながら歌も歌わなければならないという点で、非常に難しい役。高い演技力と歌唱力を兼ね備えた女性にお願いしたいと考えました。舞台や映画などで活躍し、松たか子さんの凛とした佇まいと気品に、自分の力をコントロール出来ず、雪の女王になっていくエルサという女性の感情の機微をセリフと歌で表現してもらえる唯一無二の女優だと感じています。」と語る。

一方、この大抜擢を聞いた松たか子は、「まさか自分がディズニーの世界に入れるなんて思ってもみなかったので、お話をいただいたことにすごいびっくりしました。でもディズニー映画のヒロインができるのなんて一生に一度なので、一生懸命チャレンジしようと、非常に嬉しく思いました。」と喜びのコメント。そして松自身も圧倒されたという、英語版でエルサを演じたイディナ・メンゼルについて、「最初にお話をいただいて、彼女がオリジナルのエルサをやっていると聞いて、ちょっと嫌な予感がして(笑)、それで曲を聴いたら、とてつもなく大きなナンバーでびっくりしました。最初、自分には歌えると思いませんでした。私はNYに行った時に彼女の『ウィキッド』を若干時差ボケの中で観たんですけど、一幕のラストの曲(「Defying Gravity」)を聴いてそのパワーに圧倒されたという思い出があるので、まさか彼女と同じ役を日本でやるとは思ってもみなかったし、とってもいい経験になりました。ありがたいです。」と語った。

そして松のコメントにもあるように、劇中でエルサが歌う3曲は、日本語版では松たか子が実際に熱唱する(なお、同映画の日本語版主題歌(エンディング・ソング)は、May J.が歌う「Let It Go~ありのままで~(エンドソング)」)。

映画『アナと雪の女王』は、3月14日(金)2D/3Dロードショー。


◆BARKS映画