東海テレビ・フジテレビ系の昼ドラ『花嫁のれん』エンディングテーマを担当するSOLIDEMOが、ドラマ撮影現場を訪れ、ダブル主演の羽田美智子、野際陽子らにデビュー日の決定を報告した。

ドラマ『花嫁のれん』は金沢の老舗旅館を舞台に繰り広げられる、おもてなしのドラマ。女将修行中で嫁の奈緒子(羽田美智子)と大女将で姑の志乃(野際陽子)の嫁姑のバトルや奮闘をコミカルに描いた人気シリーズで、今回が第三弾となる。この日は、奈緒子の「おもてなし」が通じない客の登場で、志野が言う「究極のおもてなし」に奈緒子が辿り着く事ができるのか、注目の撮影シーンもあった。

一方、SOLIDEMOのデビューは、これまで“2014年の春”という発表にとどまっていたが、具体的に4月16日と決定。デビューシングル「THE ONE」には、同ドラマのエンディングテーマにもなっている新曲「Next to you」が収録されるとあって、デビュー日決定をドラマの出演者やスタッフらにいち早く報告するため、メンバー全員で撮影現場に訪問した。

出演者やスタッフの見守る中、メンバーを代表してサブリーダーの向山毅が「エンディングテーマを歌わせていただきありがとうございます。『Next to you』を収録した僕たちのメジャーデビューシングルが4月16日に発売されることになりました」と報告。

SOLIDEMOのクッキングボーイこと佐々木和也は、「僕たちからの“おもてなし”です!」とドラマの中でもキーアイテムである小籠包を手作りして差し入れると、羽田も野際も「美味しい」と頬をゆるませた。

羽田はエンディングテーマに触れ「とっても優しくて、繊細な皆さんの歌声に、いつもドラマを盛り上げて頂いてます。ありがとうございます。」と、SOLIDEMOの訪問を歓迎。SOLIDEMOは、「2月14日に僕たちのバレンタインライブがありますので、ぜひ!」としっかり自分たちの活動をPRしていた。

メンバーが決定し、グループの結成日となったのが2013年4月17日。全員の身長が180cm以上の“大型”新人グループが、結成から1年で、ついにメジャーシーンへと歩みを進める。


◆BARKS新人アーティスト