リッチー・サンボラがツアーでボン・ジョヴィの曲を演奏するらしい。娘との時間を大事にしたいという理由で2013年に敢行されたボン・ジョヴィのワールドツアー<ビコーズ・ウィ・キャン>を途中で抜けており、その後もバンドとの関係が修復していない様子が報道されているが、自身がメンバーと共同で作曲した「禁じられた愛」「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」「ウォンテッド・デッド・オア・アライブ」といった大ヒット曲を、2月と3月にオーストラリアで開催される<サウンドウェーブ・フェスティバル>でプレイする計画を立てているという。

◆ボン・ジョヴィ画像

ある関係者はRadarOnline.comに「リッチーはサウンドウェーブのラインナップに最近加わったんですが、オーストラリアを周るこのツアーでボン・ジョヴィの代表曲を何曲か披露するつもりみたいですね」

「今回リッチーはフロントマンとしてステージに立つ予定で、オーストラリア版アリス・クーパーとも言われていて、マイケル・ジャクソンのギタリストを務めたこともありクイーン・オブ・シュレッドとしても知られるオリアンティ・パナガリスをバンドメンバーとして雇ったんです。リッチーとオリアンティがジャムセッションするのを見ましたが、2人には誰が見ても明らかなほど息がピッタリで、すごい雰囲気を醸しだしていましたね」と説明している。

そんなリッチーは以前ボン・ジョヴィに戻りたいと語っていたものの、他の関係者によるとフロントマンのジョン・ボン・ジョヴィはリッチーの復帰を望んでいないようだ。「ジョンはリッチーをバンドから締め出していますね。実際のところ、ジョンはリッチーに対してかなり辛くあたっているんです。結構ひどいことも言っていますよ。おそらくジョンはリッチーがいなくてもバンドに支障はないし、むしろいない方がもっと良いバンドになれると証明したいんじゃないでしょうか。でも現状はうまくいっていませんね」

2013年の<ビコーズ・ウィ・キャン>ツアーの後、バンドはオフに入っている。