ローランドは、シンセサイザー「FA-06」「FA-08」の2機種を、2月15日より発売する。

◆ローランド「FA-06」「FA-08」拡大画像

「FA-06」「FA-08」は、ローランド最高峰の音源、ダイナミックに音色を変化させるエフェクト、曲のイメージをすばやくレコーディングできるシーケンサー、オーディオ素材を自在に操るサンプラーなどを備え、音楽制作におけるユーザビリティを格段に高めたワークステーション型のシンセサイザー。「FA-06」は61鍵、「FA-08」は88鍵ピアノタッチ鍵盤を搭載する。

これまでの曲づくりのワークフローをゼロベースで見直し、音楽制作のユーザビリティを大幅に向上させたのが最大の特徴。曲のアイディアを思いついた瞬間にどの状態からでも録音できるほか、ボーカルやギターなど、あらかじめ録音したオーディオ素材を活用しながらスピーディに楽曲制作が行える。

音源は、INTEGRA-7」をはじめ、シンセサイザー「JUPITER-80」などに搭載された、最新音源技術によるSuperNATURALサウンドを内蔵。そのほか、数々の名曲で使用されてきた歴史あるローランドのPCMサウンドなど、トータルで2000を超える音色を搭載する。

また、パソコンを使った音楽制作では、本体で作った曲のアイディアをパソコンに素早く移行できる機能も搭載。さらに、即戦力となる最新のサウンドも専用サイトから無償でダウンロードできるので、音色拡張も自由に行える。

外形寸法、重量は、「FA-06」が1,008×300×101mm、5.7kg。「FA-08」が1,415×340×142mm、16.5kg。

◆FA-06
価格:オープン
◆FA-08
価格:オープン
発売日:2014年2月15日


◆FA-06 製品詳細ページ
◆FA-08 製品詳細ページ
◆ローランド
◆ローランド チャンネル
◆BARKS 楽器チャンネル