カサビアンが新作アルバム収録曲をレコーディングしている映像を公開した。

◆「スタジオ・スニーク」映像

「スタジオ・スニーク」とタイトルが付けられた34秒のクリップは、1月22日(水)にYouTube上に投稿され、すでに多くのヒット件数に達している。セルジオ・ピッツォーノがレコーディングで、マイクに向かって<あぁ、綺麗なお前 俺の船に乗り込みなよ あぁ、そうしなよ 準備しておきな、ベイビー>と激しく歌う様子が映し出されている。2014年リリース予定の新作アルバムに収録される新曲で、現時点ではタイトルは未定だ。


トム・ミーガンは最近、2011年リリースの『ヴェロキラプトル!』に続く通算5枚目となる新作アルバムは手厳しい批評を「一蹴」する作品になると語っていた。

「これまで俺たちをこきおろして、俺たちにはこんなやり方の音楽は作れないってバカにしてきたヤツらをアッと言わせるようなものに仕上がってるんだ。マジでみんなブッ飛ぶはずさ。こんな感じの音楽をやろうとしているバンドは沢山いるけど、ヤツらにはそんな曲を書く才能がないからみんな失敗してるじゃないか」

先日も新曲「イズイー」をレコーディングしたと発表しており、この曲は2013年イギリスで牛肉として市販されていたものが実は馬肉だったという大スキャンダルを歌った歌だ。歌詞では<ハンバーガーに馬の肉 人々は殺人を犯す みんな警笛を鳴らしてる グーグルに支配されてる時代>と歌われている。

また、アルバムに収録されるであろう新曲「バンブルビー」は、そののタイトルを付けたのは、セルジオの3歳になる息子エニオ君だそうだ。セルジオは「この曲にはハチがブンブンいってるみたいな音が入っていたから、エニオは気になったみたいで1日中この曲をかけろって何度もせがんでたんだ。「あの『ビジー・ビー(忙しいハチ)』を聞かせてよ」ってね。それで俺は『あぁ、そのアイデアもらおう』って思ったわけさ。『ビジー・ビー』はちょっとクールとは言えないから、少し変えて『バンブルビー』にしたんだ」と説明している。