アリシア・キーズの誕生日パーティーで、スティーヴィー・ワンダーとP・ディディがお祝いのパフォーマンスを披露したようだ。

◆アリシア・キーズ画像

アリシアの夫であるスウィズ・ビーツが、26日(日)のグラミー賞の後に75人のゲストを招いてアリシアの33歳の誕生日を祝うプライベートパーティーを開いた。そのパーティーで撮られた写真がネットに流出することがないよう、会場となった2人のハリウッド・ヒルズにある自宅に到着した際、招待客達は携帯電話を預けたらしい。

会場内では、ナズとディディによる「ヘイト・ミー・ナウ」のパフォーマンスの後、アリシアがナズと共にステージに上がり、ローリン・ヒルとナズのヒットシングル「イフ・アイ・ルールド・ザ・ワールド」を披露した。その後にはヒット曲「ハッピー・バースデイ」の生みの親スティーヴィー・ワンダーが「マイ・シェリー・アモール」を含むセットを披露したようだ。バスタ・ライムズをはじめ、スティーヴ・スタウト、アンドレ・ハレル、ラッセル・シモンズら音楽界の大物達も、DJキャシディーによるセットを楽しんだという。

その後、アリシアはパーティーを大いに楽しんだとツイートしていた。

「私を取り囲んでくれるすべての愛にすごく恐縮しちゃうわ!最愛の夫スウィズと友達と家族が、私の誕生日を楽しませてくれたの!」