ファレル・ウィリアムスが、息子の名前の由来を語った。彼が尊敬する2人のアーティストにインスパイアされたという。

◆ファレル・ウィリアムス画像

ファレルの5歳になる息子のファースト・ネームは“ロケット”。ファレルが大好きなエルトン・ジョンの曲名にちなみミドル・ネームが“マン”で、“ロケット・マン・ウィリアムス”だと言われてきたが、これは一部、事実ではないそうだ。彼はBBCラジオ1のインタビューでこう話した。「僕は、ものすごくエルトン・ジョンの音楽をリスペクトしている。だから彼に関連するものにしたかった。ただ、世間ではそう思われてるけど、ロケットのミドル・ネームはマンじゃないよ。でも、エルトン・ジョンの曲“ロケット・マン”の一部を取った。それに、スティーヴィー・ワンダーの“ロケット・ラヴ”だ」

ファレルはそのうちの1人、スティーヴィーとグラミー受賞式で共演。「(彼と)一緒にステージに立っているなんて信じられなかった。お婆ちゃんの家で彼の曲を初めて聴いたときのこと、覚えてる。そのスティーヴィーと同じステージに立つなんて。“僕はいまどこにいるんだ? 何が起きてるんだ? 夢よ、覚めないで”って感じだった」いつか「スティーヴィー・ワンダーとアルバムを作りたい」そうだ。「そんなことできたら、サイコ―だよ。彼は僕なんて必要ないと思うけど、やれたら素晴らしい」

ファレルはまた、コラボしたいアーティストとしてノエル&リアム・ギャラガ―兄弟の名前も挙げた。「ギャラガ―兄弟とやりたくないなんて人いるのかな? 両方とだよ」

ファレルは3月、グラミーに続きアカデミー賞授賞式でもパフォーマンス予定。映画『Despicable Me 2』のテーマ・ソング「Happy」が最優秀オリジナル・ソング部門でノミネートされている。


Ako Suzuki, London