2013年12月17日にTOKYO DOME CITY HALLで開催された<第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦>が、DVDとBlu-ray化されて4月9日にリリースされることが決定した。

◆<第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦>画像

本公演は、AKB48グループのメンバーが紅白の2組に別れて、“歌で戦い、歌で繋がる”年末恒例イベント。普段のコンサートでは決して見ることのできない対決やユニット、コラボレーションが目白押し。

<第3回 AKB48 紅白対抗歌合戦>は、須藤元気率いるWORLD ORDERがAKB48と「UZA」をコラボレーションするエキシビジョンと、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大による始球式からスタート。峯岸みなみは剛力彩芽「友達より大事な人」をカバーし、松井珠理奈が野村義男、手島いさむ(ユニコーン)、菊地英二(from THE YELLOW MONKEY)らを従えて「ハート・エレキ」を披露。渡辺麻友はAKB48の公式ライバルでもある乃木坂46の「君の名は希望」を生田絵梨花(乃木坂46)のピアノで歌い、指原莉乃は、松村香織の「マツムラブ!」をアレンジした「サシハラブ!」で盛り上げる。そして最終対決は、紅組の高橋みなみが元刑事や警察官たちで構成された、イベント警備でもおなじみのOJS48とともに「深呼吸」を熱唱。白組は大島優子が「渚のCHERRY」で審査員席に乱入、勝利を審査員に猛アピールした。

まさに1年を締めくくる“夢の祭典”の映像化となる。

発売決定にあわせて、2月14日より本商品の特設サイトでは、ダイジェスト映像が公開されている。また、本公演に参加したメンバーから生のコメント映像も続々と寄せられており、これらの映像は2月26日から発売日の4月9日まで特設サイトにて順次公開予定だ。

「私は<第3回AKB48紅白対抗歌合戦>に出場しまして、今までの2回はそれぞれのメンバーがAKB48グループの持ち曲しか歌っていなかったのですが、峯岸みなみが「あの曲」を歌ったり、特殊な演出がたくさんある、年末の恒例イベントならではかと思っています。そして私は今回OJS48さんの「深呼吸」を歌わせて頂きました。私たちAKB48のイベントや握手会の警備をして下さっているOJS48の皆さんのシングル曲で、すごく良い曲、隠れた名曲だと思っています。これまでと違う事をやろうとした時に「これだ!」と思い、この曲を歌わせて頂きました。あれ以来、OJS48の皆さんに会うと、仲間の様に敬礼をして頂いています。(笑) 私にとっての<AKB48紅白対抗歌合戦>は、48グループとしての1年最後の締めくくりです。最後だからこそ、ちょっとふざけて、楽しんで、お祭り感覚でやれるAKB48ならではのイベントだと思っています。」── 高橋みなみ



◆BARKSアイドル