ベックが間もなく、2008年の『Mordern Guilt』以来となるニュー・アルバムをリリースする。6年もの長いブランクがあったのは、脊髄を損傷し治療に専念していたから。ギターを抱えることもままならなかった状態から「ようやく、ここまで来られた」という。

◆ベック 画像、楽曲試聴

ベックはUKの新聞『The Sun』のインタビューで「(新作には)多くのものを注ぎ込んだ。これは、僕が長い間作りたいと思ってきたアルバムだ。ようやくここまで来れたって満足している」と話した。「数年、へこんでた。怪我をし、しばらく深刻だったんだ。新しいアルバムを作りたくて、良くなるはずだって考えるようにしていた。でも実際、治るにはかなりの時間がかかったよ。理学療法やいろんな治療をした。20種類くらい試したよ」

「『Modern Guilt』を作っていたときは本当に辛かった。あれは全部、おもちゃのギターで作ったんだ。歌うときって(お腹の辺りを指さし)ここから歌うだろ?でも、そんなことできなかった。喉からしか歌えなかったんだ」

「でも、文句は言えないね。何年か、ずっと家で子供達と過ごすことができたんだから」と話し、ほかのアーティストの作品をプロデュースしたり、<Record Club>プロジェクトをスタートするなど音楽活動から離れていたわけではないが、ジレンマはあったそうだ。「パフォーマンスできないんじゃないか、少なくとも僕が望むレベルの音楽はもうできないんじゃないかって考える時期もあった。だから、ほかのことに自分のアイディアを向けようって思ったんだ。映画音楽を作ったり、なにか自分ができることを見つけようとしていた」

手術により完治した彼は、現在これまでの鬱憤を晴らすかのように動き回っている。このニュー・アルバム『Morning Phase』のほか、2015年にも新作をリリースする予定だという。

ベックの12枚目のスタジオ・アルバム『Morning Phase』は、日本で2月26日にリリースされる。

Ako Suzuki, London