水曜日(2月19日)、UK最大のミュージック・アワード<Brit Awards 2014>が開かれた。2014年はアークティック・モンキーズとワン・ダイレクションが最多の2部門を受賞した。

受賞式は、そのアークティック・モンキーズのライブ・パフォーマンス「R U Mine?」でスタート。バンドはノミネートされていた最優秀グループと最優秀アルバムの両方を手にした。彼らは2007年と2008年にもこの2部門を同時に受賞しており、これで両部門とも3度目の栄誉となる。

ワン・ダイレクションには、受賞式が行われている最中のTwitter投票によって選ばれた最優秀ビデオ(「Best Song Ever」)と世界的な成功を称えたグローバル・サクセス・アワード(2年連続)が贈られた。ここでは、名前が呼ばれたとき不在だった(トイレに行っていた)ハリーが、ほかのメンバーのスピーチ中にステージへ駆け上がるというハプニングもあった。

最優秀男性ソロ・アーティストは、デヴィッド・ボウイのもとへ。本人は姿を見せなかったが、代理としてケイト・モスが出席し、ボウイの大ファンであるノエル・ギャラガーからトロフィーを受け取った。ボウイが同賞を獲得するのは1984年以来2度目(その後、1996年に功労賞を受賞)。67歳での受賞は、ブリット・アワード史上最高齢になるという。

セレモニーでは、アークティック・モンキーズをはじめ、ケイティ・ペリー「Dark Horse」、ブルーノ・マーズ「Treasure」、ビヨンセ「XO」、ロード&ディスクロージャー「Royals」「White Noise」、エリー・ゴールディング「I Need Your Love」「Burn」、バスティル&ルディメンタル「Pompeii」「Waiting All Night」、ファレル・ウィリアムス&ナイル・ロジャース「Get Lucky」「Good Times」「Happy」がパフォーマンスした。

プレゼンターには、プリンス&3rd Eye Girl、カイリー・ミノーグ&ファレル・ウィリアムス、タイニー・テンパー、リリー・アレン、ケイティ・ペリー、ニコール・シャージンガ―、ノエル・ギャラガー、エミリー・サンデーらが登場した。


<Brit Awards 2014>の受賞アーティスト/作品は以下の通り。

●最優秀ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞
バスティル

●最優秀ブリティッシュ・女性ソロ・アーティスト賞
エリー・ゴールディング

●最優秀ブリティッシュ・男性ソロ・アーティスト賞
デヴィッド・ボウイ

●最優秀ブリティッシュ・グループ賞
アークティック・モンキーズ

●最優秀ブリティッシュ・シングル賞
ルディメンタル feat.エラ・エア 「Waiting All Night」

●最優秀ブリティッシュ・アルバム賞
アークティック・モンキーズ『AM』

●最優秀インターナショナル・男性ソロ・アーティスト賞
ブルーノ・マーズ

●最優秀インターナショナル・女性ソロ・アーティスト賞
ロード

●最優秀インターナショナル・グループ賞
ダフト・パンク

●最優秀ビデオ賞
ワン・ダイレクション「Best Song Ever」

●グローバル・サクセス・アワード
ワン・ダイレクション

●クリティックス・チョイス
サム・スミス

●最優秀ブリティッシュ・プロデューサー賞
フラッド&アラン・モウルダー

この受賞式の模様は、日本では完全無料BSテレビ局Dlife(チャンネル番号: BS258)で3月8日(土)24:00から独占放送される。

Ako Suzuki, London