2006年にソロ・デビュー・アルバム『In My Mind』をリリース後、プロデューサーやソングライター、フィーチャリング・アーティストとして活躍してきたファレル・ウィリアムスだが、ダフト・パンクのおかげで自身のアーティスト活動を再開する気になったそうだ。

◆ファレル・ウィリアムス画像

ファレルはデビュー・アルバムを失敗作だと思い、自信を失っていたらしい。「(1stアルバムで)ものすごく嫌な経験をした…。アーティストとしての自分は終わったって思った。ゲストで歌ったり、プロデュースするのは好きだし、自分に合っていた。でも、ダフト・パンクのことがあってひっくり返ったよ。すごく感謝している。大きな意味があった」

2013年、そのダフト・パンクとのコラボ「Get Lucky」だけでなく、ロビン・シックとの「Blurred Line」が大ヒット。その後7年ぶりにリリースしたソロ・シングル「Happy」もロングラン・ヒット中とノリに乗っているファレルは月曜日(3月3日)、待望の2ndアルバム『G I R L』をリリースした。


Ako Suzuki, London