3月7日よりオンエアがスタートしているdビデオ『踊るガールズ篇』のTVCM。女の子ふたりが、60年代を意識しつつもどこかエキセントリックな衣装に身を包み、曲に合わせて踊っているという、なんとも摩訶不思議なCMだが、この踊っているふたりがE-girlsの石井杏奈と女優の小松菜奈であることがわかった。

◆『踊るガールズ篇』TVCMのE-girls・石井杏奈と女優・小松菜奈 画像

石井杏奈と小松菜奈といえば、2013年夏より放送がスタートし、シリーズ化しているスマートフォン向け動画サービス「dビデオ powered by BeeTV」のTVCMに出演。今回も、今までのシリーズCMの世界観を崩さず伝えるために、ふたりが演じることになったという。

ちなみに『踊るガールズ篇』TVCMで「観られるよ~」と歌っているのは笹本安詞(ベーシストとしては映画『BECK』のサントラや、℃-ute「まっさらブルージーンズ」でのバッキバキのチョッパーもこの人)。また振り付けは、「ニチレイアセロラドリンク」CMなども手がけた、珍しいキノコ舞踊団の伊藤千枝が担当している。

  ◆  ◆  ◆

── CMの中でも回を重ねるごとに仲良くなっていく2人ですが、当初と比べると実際の日常生活でも仲は深まったのでしょうか? 一緒に遊んだり、意気投合したエピソード等があれば教えてください。

石井杏奈:プライベートで遊んだり、「海」篇の撮影の合間に砂浜を一緒に走りました(笑)

小松菜奈:一回目の撮影後、2人で原宿に遊びにいきました。買い物をしたりいっぱい話したりととても楽しかったです。

── お互いの「ココが好き」というところがあれば教えてください。

石井杏奈:面白いところ! メイク中も撮影の合間もずっと話せるところです。

小松菜奈:杏奈ちゃんのノリのいい所が好きです。

── 今回の「踊るガールズ」篇のCMは、今までのレギュラーCMとは違い、テレビの中で踊っているというシチュエーションでしたが、踊ってみていかがでしたか?

石井杏奈:監督から二人が「揃い過ぎている」という声を頂きすごく嬉しかったです。

小松菜奈:本当に恥ずかしかったです(笑)しかも、「駅」篇も「踊る」篇(アップのシーンのみ)もフリは自分で考えたのでなおさら恥ずかしかったけど、何回もやって行くうちに楽しくなっていきました。

── 「踊る」篇でのダンスについて、お互いのダンスの印象はどうですか?

石井杏奈:本番の前に二時間程度レッスンの時間があったのですが、それを30分で終わらせてしまうほど2人とも息ぴったりのダンスだったと思います!! 小松さんのダンスも見ることができてよかったです!

小松菜奈:杏奈ちゃんはすぐにダンスを覚えてキレ良く踊っててかっこいいなと思いました。

── もしも、二人のユニットが結成されたら、どんな事をしてみたいですか?

石井杏奈:携帯を使ったパフォーマンスでイベント等に出演してみたいです。

小松菜奈:もっと変なダンスを極めて小ちゃい子達と踊りたい。

── 小松さんは普段ダンスをする機会はあまりないと思いますが、「駅」篇に続き、今回「踊る」篇で踊ってみていかがでしたか?

石井杏奈:今回のパフォーマンスは、角度を合わせるのがすごく難しかったです。

小松菜奈:2人で変なダンスを踊るのは凄く楽しかったです。見た目もどっちがどっちか分からない状態だったのでスタッフさんが間違えてたのが面白かった。

  ◆  ◆  ◆

実際のCM映像やメイキング映像は「dビデオ」CMギャラリーで視聴可能。また、3月10日に全国5都市に出される交通広告でも、彼女たちの姿は確認できる。


◆BARKSアイドル
◆「dビデオ」CMギャラリー