バレンタインデーにゲリラ出現し渋谷を騒然とさせたGACKTだが、今度はホワイトデーに"漢の約束"を果たすべく、徳島県鳴門市立第一中学校の卒業式にてゲリラライブを開催、風の様に去っていった。

◆GACKT画像

きっかけは、同中学校の卒業生となる男子生徒から届いたメールだ。

「僕たちの卒業式に来てくれませんか?あなたのおかげで持つ事が出来るようになった『感謝の気持ち』をあなたに直接あって伝えたいのです。(中略)卒業式の日。待ってます。あなたに感謝を伝える事が出来る日まで待ってます。」

その少年はかつて、感謝の気持ちや思いやりなどを全く持つことができず、時には暴力も振るっていたという。しかし、GACKTの発言と出逢う事で感謝の気持ちを持つ事ができるようになり、沢山の友達と笑顔で話せるようになったというのだ。

この願いを受け、GACKTは約束を果たすベく、サプライズで徳島へ行く事を決行。日頃より「背中を押す事」を自らの使命とするGACKTは、卒業生へ捧ぐメッセージとして自ら作った「野に咲く花のように」が披露された後、熱い抱擁を交わし、風のように去っていった。

その模様はニコニコ動画でも放映され、平日の朝9時からの放映にも関わらず、34,000近い数字をたたき出している。
「GACKTゲリラLIVE~日本のどこかから密着生放送~」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv171383742
※タイムシフト視聴期間:6月12日まで視聴可能