4月11日と12日の2daysにわたって開催されたトライセラトップスの自主企画<DINOSAUR ROCK'N ROLL>、その1日目の11日にはGRAPEVINEを迎え、神的セッションが繰り広げられるという盛り上がりを見せたが、2日目の12日は、「シークレットゲスト有り」とだけの告知で、完全シークレットで本番を迎えることとなった。

◆トライセラトップス&桜井和寿画像

この日、ライヴ中盤でステージ袖から登場したのは、なんと桜井和寿だった。超満員の観衆からどよめきと大歓声が沸き起こったのは言うまでもない。

トライセラトップスの「FLY AWAY」「FOREVER」を桜井和寿と和田唱で歌い分け、和田唱がこの世の曲の中で一番大好きだというMr.Childrenの「僕らの音」、そして「Dance Dance Dance」を4人でプレイ、そして桜井和寿、和田唱のふたりがこのイベントのために歌詞とメロディーを書き下ろしたという新曲「Stand By Me」までもが披露され、桜井和寿を送り出した。

その後もトライセラの勢いは加速し「FALL AGAIN」「トランスフォーマー」で会場はピークに。またアンコールの最後に、桜井和寿を呼び込み「みんなの知ってるあの曲を」と、AKB48の「ヘビーローテーション」をカバーするという本気のサプライズっぷりに会場は怒涛の歓声が響きわたる。1700人の超満員の観客とステージがマグマのように渾然一体となり、最後にふさわしい大きな盛り上がりをみせた。

トライセラトップスは5月からは全国17ヶ所のワンマンツアーに突入する。国内屈指の3ピースライヴバンドは、最強のエンターテナーでもあった。

撮影:松木雄一

<DINOSAUR ROCK'N ROLL6>
2014年4月12日@SHIBUYA-AXで
1.Silly Scandals
2.MASCARA&MASCARAS
3.僕はゴースト
4.摩天楼
5.If
6.MADE IN LOVE
7.FUTURE FOLDER
8.FLY AWAY
9.FOREVER
10.僕らの音
11.Dance Dance Dance
12.Stand By Me
13.CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU
14.HAYASHI&YOSHIFUMI GROOVE
15.FALL AGAIN
16.トランスフォーマー
ENCORE
1.赤いゴーカート
2.GROOVE WALK
3.ヘビーローテーション


◆TRICERATOPSオフィシャルサイト