2014年4月21日、TM NETWORKがデビュー30周年の記念日を迎えた。小室哲哉、宇都宮隆、木根尚登の3人は、TM NETWORK オフィシャルLINEアカウントなどを通じてメッセージを発表している。

小室哲哉は、「こんなにも多忙な、記念日は久しぶりすぎて、体調管理をしっかりしないと。」と、直後に控えるリリースやツアーなどで忙しい日々を過ごしている様子。宇都宮隆は、新曲「LOUD」とニューアルバム『DRESS2』に触れつつ「是非30年目のTMを体感してください。まだまだ、完全体ではないですが応援よろしくですっ!」と、コメント。また、木根尚登は、「30年も続くとは思ってもいませんでした。」と語りつつも、「ここまで続けてこれたのも本当に、ファンのみなさん、応援してくれるみなさんのおかげです。」とFANKSへの感謝の気持ちを綴っている。

1984年のデビューから、TMNへのプロジェクト名の変更や終了といった休止期間をはさみつつも活動してきたTM NETWORK。30周年を迎えて、現在、ニコニコ生放送では、TM NETWORKの代表ナンバー「Get Wild」のミュージックビデオや歴代ライブ映像をノンストップでオンエアする『TM NETWORK 30周年企画 「Get Wild 祭り ~歴代Get Wildノンストップ放送~」』を放送中だ(『Get Wild 祭り』本編は23:10から)。翌4月22日には、まさに1984年4月21日にリリースされた「金曜日のライオン (Take it to the Lucky)」と1stアルバム『RAINBOW RAINBOW』のように、新曲「LOUD」と初期の名曲も並ぶリプロダクトアルバム『DRESS2』を同時リリース。さらに、4月26日からはツアー<the beginning of the end>を開催する。

そしてTM NETWORKは次のDECADEへ。はたして、今度はどんな金色の夢を見せてくれるのだろうか。