5月18日(日)に行われたビルボード・ミュージック・アワードで、マイケル・ジャクソンがホログラムになってパフォーマンスを披露した。マイケルは金のジャケットに白いTシャツ、赤いパンツ姿で画面に登場し、ダンサー達と共に新曲「スレイヴ・トゥ・ザ・リズム」でダンスやムーンウォークを見せた。番組の監督兼プロデューサーであるラリー・クラインは「あなた達はマイケル・ジャクソンがパフォーマンスをしていた場合とまさに同じ魔法を目にしているのです」とコメントした。

◆マイケル・ジャクソン画像

今回のプロジェクトに取り組んだマイケルの振付師を務めていたタラウエガ兄弟は、「典型的な」マイケルをファンに届けたかったようだ。リッチ・タラウエガは「俺たちはマイケルのダンスの動きについて、いつもと違ったことをする必要がないと分かっていたから、マイケルの世界に留めたんだよ。ただマイケルのステップを少し組み替えるだけで、違ったものに見えるんだ。同じ言語でありながらも、方言をつけたってことさ」。そしてトーン・タラウエガは「あれは典型的なマイケルであって、俺たちはそれにちょっとひねりを加えただけさ」と続けた。

プロデュースを務めたディック・クラーク・プロダクションズは会場となったラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナの後方に特別ステージを設置し、1991年作『デンジャラス』のアートワークをモデルにしたセットでマイケルが王座から立ち上がってかの有名なステップを見せる中、ダンサーたちがステージを駆け巡った。

このパフォーマンスに向けては、振り付け、撮影のほか、実現に向けての新技術の開発などを含め、何か月にも渡る製作期間を要したという。クライン氏は「我々はこのことについてここ5カ月ほど話し合っていて、まだ開発途中である技術についても話していました」「存在しないものについて話をするのは不思議な気分でした」と語っている。