エリック・クラプトンがツアー活動から引退するという。

◆エリック・クラプトン画像

最近になって遠距離での移動が辛くなってきており、今後恥をかくようになってしまうことを心配しているのだとか。もちろん音楽活動を完全に止めるわけではないという。

「移動が辛くなってきたんだよ。どこに行くにも長い時間がかかるから近寄りがたいし、とにかく厳しいよ。どこに行くにも空港に出入りして、飛行機に乗って、車で移動してってさ…」「他にもやりたいことは山ほどあるし、引退も考えているんだ。来年には70歳だからね。無難に出来ることと言えば、スタジオでのレコーディングくらいさ。人が興味をすっかり失って、自分が恥をかくだけになるようなところまではやりたくないからね」

エリックは音楽に別れを告げなければいけない日がくる可能性も認めているようで、アンカット誌の新刊でギターが弾けなくなることを想像できるかという質問に「そうだね、身体が痛すぎて出来ないってことがあるかもね。僕は変な持病を持っているからさ」と答えている。