ザ・フーのフロントマン、ロジャー・ダルトリーが今週初め、英ケント州のアシュフォード市役所を訪れ、鉄道模型博物館のオープニング計画について話し合う会議に出席したという。

◆ザ・フー画像

ダルトリーは鉄道模型の大ファン。数か月前、BBCラジオの番組に出演した際、(音楽以外で)いま一番、熱中しているのが鉄道模型で、「鉄道模型の素晴らしいところは木工細工をちょこっと、ペインティングをちょこっと、あれをちょっと、これをちょっとってやりながら友達と楽しむことができる」「彼らとアシュフォードに鉄道博物館を開こうとしてるんだ。英国人は、僕らが鉄道を発明し世界を圧倒したってことを忘れてる」と話していた。

市議会との第1回目のミーティングは上手く行ったそうで、この後、正式な企画書が提出される予定だという。

Ako Suzuki, London