先日、南米最大のアニメイベント<Anime Friends 2014>に参加し、3000人の前でライブ・パフォーマンスを披露。現地ファンから「吉川さんが歌うと全世界が輝く。」と言われた吉川友が、3冊目となる写真集『誘惑』を発売。これを記念した握手会を7月29日、福家書店 新宿サブナード店にて開催した。

◆吉川友 写真集『誘惑』発売記念イベント

「今回の写真集は、もう22歳になって、21歳から22歳の1年間で取り留めた……“撮りためた”って言うんですね。撮りためた写真集になっています。22歳ということで、年相応な衣装と、そして、今回の撮影、ずっと「笑顔少なめで」っていうのがあって。私、普段ふざけた撮影ばかりしていたので、いつも笑顔多めだったんですけど、今回は真剣に、笑顔少なめの撮影だったので、結構大変だったんですけど、すごい素敵な、“THE オトナ”な写真集ができあがったと思います。」

イベント前の会見では、あいかわらずのトークモンスターっぷりを存分に発揮していくきっか。自分自身について、「私、水着で表紙をやるより、セーターとか、そういうピチっとした衣装で写ったほうが、ちょっと色気が増すんじゃないかなって。ネット上でも噂になっているんですよ。きっかもそのとおりだなって思って。」と、なんとも初耳な“噂”をサラリと既成事実化していく(ただし、これは実に的を射た意見であり、きっかは水着姿よりも身体のラインを出した格好のほうがセクシーである)。

今回の写真集は、都内のほか、彼女の地元である茨城、そして長野で撮影された。地元での撮影ということで、何かエピソードを訊かれると、「茨城って物価が安いイメージがあって、スーパーとかでお昼ごはんを買うと、200円、300円でがっつり食べれるお弁当が出てくるんですよ。“わ、茨城だなー!”って感じましたね。もう、すごかったんですね! お寿司が大好きで、お寿司も結構、量たくさん入ってて300円とか。もう、東京に住んでたら考えられないくらい安いお弁当だったので、嬉しかったです。」と、大変興奮した様子で弁当のコストパフォーマンスについて熱弁を振るい、報道陣を唖然とさせた。

そんなきっかの写真集『誘惑』。自身のお気に入りのカットを訊かれると、よつんばいでのセクシーな一枚を挙げる。そして「なんかこれ、北海道の熊みたいなの。熊いますよね。ツキノワグマみたいな。イメージは“誘惑”なんですけど、ちょっとツキノワグマっぽいな、ってスタッフさんとも話していて。こういう形で新しいファンの方を狩っていきたいなと思いますね。」と、満足気。グラビア写真集では定番であり必殺の“女豹のポーズ”も、きっかにかかれば木彫りの“ツキノワグマのポーズ”なのである。

なお、22歳ということでオトナな吉川友。しかし、最新曲「いいじゃん」の歌詞を例に出しながら、「(気遣いが)できないですねー、ほんと、ワガママBODYだし、ワガママな中身だし、とんでもない女だなって思ってます。」と、自虐気味に、まだまだ子供であることを述べる。“ワガママBODY”はいいとして、“ワガママな中身”というのは気になるところ。報道陣から具体的にどういう点がワガママなのかをツッコまれると、「あ、体以外で、ですか? ほんとはちゃんといい子なんですけど……。」と言いながら、自分のマネージャーがお寿司が苦手なのを知っている上で、それでもお寿司を食べに行くなど、食(特にお寿司)に対する強いこだわりがあることを口にする。さらに、「(お寿司の)好きなネタは?」と話を振られると、「タコです。オクトパス。」と一言。「意外と安めですね?」と言われると、「私、安い女ですね。」と、いつも通りむちゃくちゃな返しを展開して爆笑を起こした。

写真集タイトルに引っ掛けて「最近、誘惑に負けたことは?」という質問に、イベント出演のため、先日まで訪れていたブラジルで、肉は食べないと固く決心していたが、結局、誘惑に負けてしまったことを告白。「案の定、太って帰ってきました。写真集のイベントがまさか帰国後にあるとは思わかなったので。ちょっとヤバいですね。」と、きっかも苦笑い。ブラジルでの印象に残っているエピソードとして、本場のサンバに触れたことを挙げ、「ブラジルの方、すごくボン・キュッ・ボン。あれこそワガママBODYだなって。ブラジルは師匠ですね。ワガママBODYの。」と、ちょっとよくわからないが、とりあえずきっかは師匠を見つけたそうである(ちなみに、今後もしかしたら、サンバの衣装を身にまとったきっかが見れるかも、だそうだ)。

2014年も残り5ヶ月。ということで、残りの期間でやっておきたいことを訊かれたきっかは、「この5ヶ月でデビュー当時の体型に戻したい。」と、口にする。「URAHARAテンプテーション / いいじゃん」リリースイベントでせっかくダイエットした分のマージンを、先日のブラジルで見事に使い果たして帰ってきたにも関わらず、にだ。しかしここで、女性の報道陣から、「デビュー当時というのは、具体的に何キロ痩せる?」という、同性だからこそ突くことができる鋭い質問が飛んでくる。「それですかー……。」と、顔に手を当てるきっか。そして「盛ってもいいですか? あ、盛っちゃダメだ。減らしてもいいですか。」と、指折り数えながら「4、5kgマイナスで。」と、サバを読んだ数値を告白。「とりあえずデビュー曲「きっかけはYOU」の黄色いワンピースが入ったらいいなって。」と、笑顔で答えた。

「今回の写真集、もちろん誘惑する顔もあれば、ツキノワグマも途中で出てきたりとですね、とても見応えのある、ボリューミーな、私の身体と同じくボリューミーな写真集となっておりますので、ぜひみなさん、私に誘惑されていただきたいなと思っております。」── 吉川友

ところでこの日、きっかの鮮やかなブルーのツーピースはtitty&Co.で、イベント前にマネキン買い(マネキンにディスプレイされていたまま購入)したそうだ。「今日の私服は、けっこうピッチリタイプだったんですけど、着替えた時にビリって破れちゃって。“うわ、きたよ……”って思って。痩せないとなって。」

5ヶ月後、ダイエットを見事に成功させて、デビュー当時の体重に戻るきっかに期待だ(棒)

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

◆BARKS Kawaii