アルバムをひっさげた全国ツアーの初日に、2015年2月11日に日本武道館でワンマンライブを行なうことを発表したOLDCODEX。ツアーを行なうたびに全箇所ソールドアウトと、毎回チケット争奪戦が繰り広げられているだけに「やっと、見られる!」という人も多いだろう。スタンディングの会場にこだわり続けてきた彼らが武道館に踏みきった心境、そしてTVアニメ『Free!-Eternal Summer-』のオープニング主題歌に起用されている最新シングル「Dried Up Youthful Fame」の制作エピソードについてTa_2とYORKE.にインタビューした。OLDCODEXやオーディエンスへの想い、人気がブレイクしてもブレることのない2人の真摯な姿勢が伝わってきた。

◆OLDCODEX 画像


▲「Dried Up Youthful Fame」初回限定盤
■やるならOLDCODEX色に染め上げることが、武道館に対しての敬意であり、礼儀なんじゃないかなって。

──ツアー初日に日本武道館でワンマンライブを行なうことを発表しましたよね。その心境から教えてください。

Ta_2:ずっと自分たちはライブハウスにこだわってたし、大きな会場は自分たちが立っている姿が見えないうちはできないよねって言ってたんだけど、イベントで2回、武道館でやらせてもらうことがあって、2回目に「もし、自分たちがここでワンマンやるなら、こんなこともできるかもしれないね」ってYORKE.と話して。

YORKE.:初めて立ったときからいずれやりたいねっていう空気がスタッフの間に出てたから、漠然としたヴィジョンは持っていたと思う。で、2回目にTa_2と話したときに「こういうことやったら面白いよね」っていうアイディアがポンポン出てきたから「だったら、今がやるタイミングなんじゃないかな」っていう。

Ta_2:まわりにノセられた感もあるけどね(笑)。

YORKE.:うん、スタッフのほうがワクワクしてるんじゃないかなっていうのは伝わってきた。

Ta_2:そう。俺らよりライブスタッフとか、みんなの気持ちが昂っててそういうのを見てると嬉しくなるから「じゃあ、こういうことやろう。あんなこともやろう」って前向きに考えられるようになったし。

YORKE.:それはすごく大きいね。

Ta_2:だから、やるなら武道館だからスゴイとか、そういうんじゃなくて、たまたま武道館だったっていう感覚でやりたいと思ってる。これは最近、イベントに出たあとでYORKE.と話したんだけど、「新しいことをやれる場所として考えたほうがいいよね」っていう。

YORKE.:そう、そう。ホテルの部屋で2人で話したんだけど、Ta_2は第1章、第2章っていうふうに考えるから、武道館もひとつの区切りにしたいって言ってたんだけど、俺は「新しいチャレンジしようよ」って。結果的に振り返ったら第○章みたいになるから、トライしようぜって妙に熱くなって。

Ta_2:(笑)そう、そう。

YORKE.:見てるヴィジョンが一緒だっていうのもあるから、やるならOLDCODEX色に染め上げることが、武道館に対しての敬意であり、礼儀なんじゃないかなって。だから、俺たち自体は全然、浮かれてないし、冷静だったりする。逆にまわりから“武道館が終わったときに燃えつきることってあるよ”っていう風に言われて。

Ta_2:だから、今から武道館が終わったあと、どういうことをやろうか考えてる。

──ライブで発表したときのファンのリアクションはどうだったんですか?

Ta_2:あまりにサラッと発表したものだから、みんな最初はふわっとした空気だったよね。

YORKE.:ワンテンポ置いて“ギャーッ! おめでとう!”みたいな(笑)。でも、泣いてるヤツがけっこういて、俺はそれにひっぱられそうになったんだよね。だけど、まだツアー中だし、泣くのは武道館が終わってからにしようって。「こんなに喜んでくれるんだ」って嬉しかったけどね。

Ta_2:俺はすげえ冷静に観察しちゃって、複雑な顔で見ているコもいれば、すごく喜んでいるコ、泣いてるコもいるし、口の動きで「ここまで来たんだ」って言ってるのがわかるコもいて、「よっぽど前から応援してくれてたんだな」って。あとはポカーンとしているコだったり。

YORKE.:ポカーンとしてるコたち、けっこう見えたな。

──―渋谷公会堂とかNHKホールとか国際フォーラムとか、いろんなホールを飛び越えての武道館は驚きますよ。

YORKE.:そう言われてみればそうだね。

Ta_2:そうだね。あとは実際にライブが終わったあとに会場に対する想いが生まれるような気がする。

YORKE.:うん。歴史があって神聖な場所だから、終わったあとのほうが実感がわくんじゃないかな。「また、やってみたい」って思うかもしれないし。

Ta_2:ね。どう思うかは楽しみだけど、場所がどこであろうがフラットに接しているのはいつもの俺たちのスタイル。


▲「Dried Up Youthful Fame」アニメ盤
──そして、最新シングル「Dried Up Youthful Fame」はTVアニメ『Free! -Eternal Summer-』のオープニング主題歌でもあり、夏という言葉は出てこないけれど、季節感を感じさせる疾走感、爽快感のあるナンバーですね。

Ta_2:前回に続いて『Free!』の第2期のタイアップのお話をいただいたので、もう1度、やらせてもらうなら「Rage on」(※『Free!』第1期オープニング主題歌)との繋がりを考えて作りたかったから、あの曲とテンポやTOPのキーを一緒にしたら面白いんじゃないかなって。「Rage on」の90秒ヴァージョンのあとに続けて「Dried Up Youthful Fame」を流しても違和感のないものになったら、俺たち的にも刺激的な挑戦ができるかもしれないと思った。で、まず、90秒ヴァージョンを作ってラップで終わらせた仮のテイクをYORKE.に渡して……。

YORKE.:最初に曲を聴いたときはメロディのフックがTa_2っぽいなって。あと、「Rage on」に続いて2期連続で話をもらうのは曲が評価された気がしてすごく嬉しかった。

Ta_2:そのあとフルサイズのエンディングはどうしようか悩んでたら、YORKE.に頭のメロが好きだから、終わりにもう1回入れたらどう?って言われて。

YORKE.:『Free!』の主題歌なんだけど、最終的にはOLDCODEXのシングルとして決着をつけるっていうふうに考えていたから、最初のAメロの歌詞を最後に持ってきたほうがいいんじゃない?って言ったんだよね。主題歌はいちばん最後の歌詞が最初に、CDでは最後に来るみたいな提案をして。

──―曲を聴いたときに浮かんでいた色や景色は?

YORKE.:タイトルに“Dried ”って入れたのは、自分の青春とか若き日の名声ってまだ乾いてないんじゃないかなって。若かった頃の手触りや熱はまだ自分の中にあるし、火傷しそうな夏の陽ざしとか、鉄の扉やバイクのハンドルの熱さも手の中に残ってる。で、『Free!』は“水”がテーマだし、俺も絵を描くときに水や色を使うから、乾くということにフォーカスして書いた感じかな。自分の今の年齢でアニメを見ている世代に訴えかけられることと、OLDCODEXのメッセージをいっぱい重ね合わせていって。

──“輝く日々の中で僕らは乾いた色を確かめていく”というフレーズが印象的でした。

YORKE.:乾いた色を確かめるっていうのは、ライブでのTa_2の行動がヒントになった。俺が描いた絵の前でTa_2が歌いながら絵に手をかざしたり、触ったりしてるから「何を確認してるのかな」って思って、そういう言葉が出てきたり。2人に置き換えた部分もたくさんある曲。

Ta_2:だから入り込んで歌ってる。ライブでも「この曲、言葉が刺さるよな」と思いながら。

YORKE.:Ta_2が“留まる事をやめた僕らは互いの扉開け放ってく”っていう歌詞がいいって言ってくれて、迷ってた部分だったからそこから「行ける!」ってスピードアップして書けた。


▲「Dried Up Youthful Fame」通常盤
──ミュージックビデオの見所は?

Ta_2:今回はバンドじゃなくて2人で完結させるっていう案が出ていて、だったら俺は手を触れたところに絵ができあがるような映像にしたいって話をして、そこからいろいろ想像がふくらんでいった感じ。

YORKE.:最初はもっと日常を切り取ったもので、葉っぱに触ったらフワーッて絵が浮かびあがるみたいなイメージだったんだけど、それが監督の手によって派手で雄大な世界になった。CGをたくさん使ってるんだけど、撮影は外で大変だった。

Ta_2:陽ざしも苦手っていう(笑)。

──外ロケも含めて挑戦したミュージックビデオですか?

Ta_2:うん、それはあるかな。

YORKE.:でも、2人で完結できたのはよかったね。ちなみにミュージックビデオに出てくる子ども達は僕らの小さい頃っていう設定。

◆インタビュー(2)へ