MUCCの逹瑯が、異なるジャンルのアーティストとトークを繰り広げるBARKS異種格闘技対談連載が『Ring2』だ。同コーナーは2009年9月の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)対談を皮切りに、2012年8月の櫻井敦司(BUCK-TICK)まで、特別編を含めて全25回の熱戦を展開した。そして2014年8月。MUCCは、七ヶ月間連続で毎月異なる全6種類のツアーを各9公演ずつ行なうライヴプロジェクト<SIX NINE WARS –ぼくらの七ヶ月間戦争->を開催中であり、同プロジェクトは8月から、各公演ごとにビッグネームを迎えたツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>へ突入している。それも音楽スタイルの異なる猛者ばかりとの対バン形式だ。

◆逹瑯(MUCC) × GRANRODEO 拡大画像

逹瑯とBARKSは、異種格闘技対談-Ringをここに復活。数々のビッグネームとのツーマンツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>出演アーティストをゲストに迎え、“番外編”として対談を連続掲載していく。今回は、<Episode6. 「ARMAGEDDON」>全9公演中、最も意外性の高い対バン相手のGRANRODEO。しかし、「初めまして」の挨拶もそこそこに、トークはのっけから全開で三者の距離が一気に縮まった。KISHOWとe-ZUKAの噂に違わぬ爆笑トークに終始笑い声が絶えない。

■e-ZUKAさんなんかは偉そうにギター雑誌とかに出てたりするんで
■ギターキッズファンも居るっていう──KISHOW

──今回はGRANRODEOのヴォーカルのKISHOWさんとギターのe-ZUKAさんにお越しいただきました!

逹瑯:よろしくお願いします!

KISHOW:こちらこそよろしくお願いします。

e-ZUKA:今回は呼んでいただいてありがとうございます。

逹瑯:いやいや、こちらこそ、今回はOKをいただいてありがとうございます。っていうか、e-ZUKAさん、この超暑いのにパーカーですか!?

e-ZUKA:そうなんですよ。僕すっごい寒がりなんで、パーカーとか羽織りものがないとダメなんですよ。

逹瑯:今も寒いですか!?

e-ZUKA:寒いです寒いです。クーラーとかホント無理なんですよ。でも、KISHOWがすっごい暑がりなんで、2人の温度差が半端ないんですよ! 筋肉がまったくないんで、代謝が悪くて。

逹瑯:普段エアコン全然付けないんですか?

e-ZUKA:いや、そんなこともないんだけどね、汗っかきだし。でも、寒がりっていう。でも、KISHOWは汗っかきだし暑がりだから。

──じゃぁ、2人一緒の環境に居るのは辛いですね。

KISHOW:そうなのそうなの! だいたい僕らライヴで10何曲やってから、アコースティックコーナーをやるんですけど、いつもその辺りにはゼ~ハ~ゼ~ハ~しちゃって。クールダウンも兼ねてるんで、エアコンを強めにしてもらうんですけど、e-ZUKAさんはもぉ、寒い寒いって言って。同じ国の人とは思えないくらい厚着して、羽織りにぐるぐるにくるまってますからね(笑)。お婆ちゃんみたいに丸まってるんですよ。

e-ZUKA:あははは。そうそう。上着に膝掛けまでしてますからね(笑)。

逹瑯:あははは。大変ですね、温度調節(笑)。

KISHOW:そうそう(笑)。って、僕じゃなくてe-ZUKAさんがね(笑)。

逹瑯:GRANRODEOのお客さんって、どのあたりなんですか?

KISHOW:まちまちですね。僕が声優やってるというのもあって、アニメファンや声優ファンの子たちも多いですし、e-ZUKAさんなんかは偉そうにギター雑誌とかに出てたりするんで、ギターキッズファンも居るっていう。

逹瑯:あははは。偉そうにって(笑)。

e-ZUKA:そうなんですよ、偉そうなんです(笑)。っていうかね、そんなもんはお金出せばいくらだって載れるんです!

逹瑯:あははは(爆笑)!

KISHOW:後は、バンド形態でGRANRODEOをやらせてもらっているので、俗に言うバンドギャルみたいな子たちもファンになってくれていますからね。なので、カオスと言えばカオスですよね。

逹瑯:KISHOWさんはバンド自体はGRANRODEOが初めてですか?

KISHOW:そうですね。ちゃんとしたバンドはGRANRODEOが初めてです。まぁ、高校時代に友達とコピーバンドやったりっていうのはありましたけど、ちゃんとプロとして歌うの自体が初めてですからね。

逹瑯:コピーバンドやってた頃は、誰のコピーやってたんですか?

KISHOW:当時はユニコーンさんとかBOOWYさんとか、海外で言うとExtremeとか。僕が高校生の頃にExtremeが『PORNOGRAFFITTI』っていう名盤を出して、そのアルバムの1曲目の「DECADENCE DANCE」をコピーしたいってメンバーに言われて。

逹瑯:e-ZUKAさんもコピーからですか?

e-ZUKA:うん、そうですね。高校は普通にコピーバンドやってたんだけど、田舎なんで、そんなまともに演奏出来るヤツもいなくてね。ただ無理矢理バンドやってるって感じ。

逹瑯:それくらいの時代って、音楽やってるヤツ=不良じゃなかったです?

e-ZUKA:いやぁ~、もうちょっと後の世代かな。まぁ、でも不良も多かったですけど、そこまでじゃなかったかな。けどね、とにかく田舎だから、何をやるにも中途半端。

逹瑯:あはははは(爆笑)。

KISHOW:とにかくね、e-ZUKAさんとこの田舎は雪がすっごく降るからやることないんだよね(笑)。

e-ZUKA:そうそうそう。不良でも畑仕事や雪かきは手伝わなきゃなんないっていう。

逹瑯:あははは。e-ZUKAさん、ご出身はどちらなんですか?

e-ZUKA:僕は新潟です。

KISHOW:世界一雪が降る街らしいですよ。新潟県十日町市って所は。

e-ZUKA:そうなのそうなの。新潟の中でもすごく田舎の方だからね。

逹瑯:あ、でも、前、冬にツアー行ったとき、すごく雪が積もっててびっくりしたわぁ! 新潟ってそんなに雪が降る場所だって知らなかったから、こんなに積もるんだ!ってびっくりして。1m近く積もってたかな。

e-ZUKA:新潟の何処ですか?

逹瑯:新潟市です。

e-ZUKA:いやいや、そんなもんは比べものになんないですよ! もうね、市内の積もり方なんて可愛いもんですよ! こっちは一階の屋根の高さくらいまで積もりますからね。新潟っていう名前辞めてやろうかなって思いますもん。

逹瑯:あははは。でも、そんなに!?

e-ZUKA:そうそう。冬はだいたい2階から出入りしますからね。それが当たり前。

逹瑯:北海道みたいですね!

e-ZUKA:そうだね。でも、北海道の雪ともまた違うんですよ。北海道の雪はサラサラのパウダースノーですからね。でも、新潟の雪は水を含んでるからすぐ積もるんです。

逹瑯:でも、今回のツアーまわってて、新潟は一番飯が美味いなって改めて思いましたね。

e-ZUKA:ヘぎそば食べました? あの蕎麦の発祥の地が十日町なんです。

逹瑯:食べました食べました。でも、へぎそばって、この前知ったんですけど、蕎麦のこと言うんじゃなくて、器のことをへぎって言うらしいですね。

e-ZUKA:そうそう。

逹瑯:ってことは、器がざるになったら、普通のざるそばになるってことですよね?

e-ZUKA:でも、ちょっと繋ぎに海苔が入ってるってのは特徴的らしいけどね。まぁけど、そんな変わらないね、普通の蕎麦と。

逹瑯:ですよね(笑)。

◆インタビュー(2)へ