MUCCの逹瑯が、異なるジャンルのアーティストとトークを繰り広げるBARKS異種格闘技対談連載が『Ring2』だ。同コーナーは2009年9月の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)対談を皮切りに、2012年8月の櫻井敦司(BUCK-TICK)まで、特別編を含めて全25回の熱戦を展開した。そして2014年8月。MUCCは、七ヶ月間連続で毎月異なる全6種類のツアーを各9公演ずつ行なうライヴプロジェクト<SIX NINE WARS –ぼくらの七ヶ月間戦争->を開催。同プロジェクトの8月には、各公演ごとにビッグネームを迎えたツアー<Episode 6.「ARMAGEDDON」>で、音楽スタイルの異なる猛者との競演を果たした。その対バンアーティストから、ゴールデンボンバー、鬼龍院翔との対談をお届けする。

◆逹瑯(MUCC) ×鬼龍院翔 画像

■普通のバンドじゃないとはいえ、キリショーはちゃんと歌ってる訳じゃん
■そこは俺と変わらないからね。ホント、真面目だよ――逹瑯

――今日は、ゴールデンボンバー鬼龍院翔くんにお越し頂きました!

逹瑯:忙しいところ今回はありがとうね。

鬼龍院:いえいえいえいえ! そんなとんでもないです! 誘って頂けて光栄です!

逹瑯:今、ツアー中なんでしょ?

鬼龍院:はい。全国ツアー中で。47都道府県まわってます。

逹瑯:47都道府県だもんね、すごいよ。全部で何本?

鬼龍院:59本です。

――<SIX NINE WARS~ぼくらの七ヶ月間戦争~>は55本だから、ツアーとしてはいい勝負だね。

逹瑯:まぁ、ツアー本数で言ったらそうだけど、期間にもよるよ、何ヶ月で何本まわるかっていうのでも、ずいぶん違うもん。年間59本?

鬼龍院:いや、5ヶ月で59本です。

逹瑯:ってことは、ウチよりもっとキツイよ。<SIX NINE WARS~ぼくらの七ヶ月間戦争~>は約半年かけてまわってるからね。5ヶ月で59本はかなりキツイと思うよ。

――たしかにそうだね。それにゴールデンボンバーは、ツアーを縫ってフェスにも出ているし、テレビにも出ているから、かなりなハードスケジュールだよね。

鬼龍院:そうなんですよ。でも、呼んでもらえるのはすごくありがたいことなんで、すごく嬉しいですけどね。

逹瑯:いやぁ~、でもそのスケジュールはかなりシビれるね! 5ヶ月で59本っていうツアーだけでもキツイのに。そこを縫ってフェス出てとかテレビ出てって、かなりだよ。なのに、キリショーは全然変わらないよね。ホント謙虚だし、偉いなって思うよ。いつも一生懸命だしね。

鬼龍院:そんなそんな、そんないいもんじゃないですよ、僕なんて。

――そんなところも変わらないよね。ホント、いい子だよね。ところで。2人はもう知り合って長いんだよね?

逹瑯:そうだね。ここ最近も俺のやっているラジオにも遊びに来てくれたし。キリショーがパーソナリティをやっているラジオにゲストで2回出させてもらったりもしてたし。

鬼龍院:はい。この前遊びに行かせてもらいましたよね! あと、対バンでも何度かご一緒させて頂きましたよね!

逹瑯:対バンはいつだっけ?

鬼龍院:たしか、毎年年末にやっている恒例の<OVER THE EDGE>と、<V-ROCK FESTIVAL>だったと思います。

――おぉ~。となると、相当付き合いは古いってことだね。

鬼龍院:ですね。<V-ROCK FESTIVAL>は、結構前になりますもんね。

――そうだね。

逹瑯:<OVER THE EDGE>は今現在7回目だったりするんだけど、ゴールデンボンバーが出てくれたのは3回目くらいだったもんね。

鬼龍院:そうですね。

――ってことは、6、7年の付き合いってことだね。結構長いね。

鬼龍院:ですね。

――ってことは、結構仲良し。

鬼龍院:いや、そんな仲良しだなんて! 大先輩ですから、逹瑯さんは!

逹瑯:ライヴで一緒になるというより、プライベートで会う方が多いよね。

鬼龍院:ですね。遊び仲間が近い感じというか。

逹瑯:そうだね。っていうか、この部屋暑いね~。

鬼龍院:エアコンもうちょっと下げましょうか?(立ち上がって、エアコンの調節に行く鬼龍院)

逹瑯:いやいやいや、ありがとう。優しいね。

鬼龍院:いえいえ。

逹瑯:いい子やわぁ~。

鬼龍院:いえいえ(照)。

逹瑯:ねぇねぇ、今、ワンマンでの1回のステージって何分だったりするの?

鬼龍院:今回のツアーでいうと、1回2時間45分くらいですね。最近はだいたいそれくらいになってきてますかね。

逹瑯:長いね! 何曲くらいやってんの?

鬼龍院:だいたい平均20曲くらいですかね。

逹瑯:おぉ~。結構やるね!

鬼龍院:そうなんですかね? なんか、もう普通がどれくらいなのか、解らなくなってきちゃってるんですけど、多いんですかね? いろいろと見せていくことを考えると、それくらいなのかなって。でも、ウチは普通のバンドさんとはまた違うから、あんまり比べ物にはならないと思いますけどね(笑)。

逹瑯:たしかにね。ゴールデンボンバーは唯一無二だからね。しかし、キリショー真面目だよね。今日も楽屋でずっと発声したり歌っていたでしょ。ホント、ずっと歌ってたもんね。偉いなって思ったよ。普通のバンドじゃないとはいえ、キリショーはちゃんと歌ってる訳じゃん。そこは俺と変わらないからね。偉いなと思って見てたよ、今日も。ホント、真面目だよ。

鬼龍院:いえいえいえ。いつでも破天荒ですから。

逹瑯:真面目さ故に破天荒を演じてるんでしょ?

鬼龍院:あはははは。いえいえいえ(笑)。でも、破天荒とはいうものの、怒られるようなことはしないですけどね(笑)。

逹瑯:いやぁ、しかし、今日も完全体制だったよね。床にびっしりビニールシートが敷かれてたもんね(笑)。

鬼龍院:はい(笑)。常に何かが飛び散っているんで(笑)。

逹瑯:そのあたりは万全体制なのに、ドラムにはマイクが1本も立てられていないっていう。音出てないの丸わかりやん! みたいなね(笑)。だったら、ドラムセットなくてもいいのに! みたいな(笑)。

鬼龍院:いえいえいえ、ドラムセットがなくちゃ、彼(樽美酒研二)をドラムとは呼べませんから! まぁ、そこも変な決まりですけどね(笑)。

逹瑯:そこがゴールデンボンバーでしょ!

鬼龍院:たしかに、そうですね(笑)。

――対バンは多いけど、こういう対談ってあんまりないんじゃない?

鬼龍院:ですね。対談ってあんまりないかも。

逹瑯:よし。じゃぁ、今日はキリショーを質問攻めにしてやろう! ツアーとかの空き日って何してんの?

鬼龍院:パーッと呑みに行きたいところなんですが、最近それをしちゃうと喉が辛いってことに気付き始め、それも出来ずで。ジーッとしてるんです。

逹瑯:酒好きだよね。

鬼龍院:はい。好きですね。僕はただの吞んだくれなので。

逹瑯:何吞むの?

鬼龍院:ビールです! ビール大好き!

逹瑯:俺はそこまでお酒強くないから解らないけど、お酒吞んで楽しくなって、そこでいっぱい喋っちゃうからいけないんじゃないの?

鬼龍院:そうなんですよ、お医者さんに言わせると、1番いけないのは、お酒吞んで大声で喋るのが1番喉に悪いんですって。

逹瑯:ちゃんと病院とか行ってる?

鬼龍院:はい。結構こまめに通ってますね。ツアー中とか声が出なくなっちゃったら大変なんで。

逹瑯:そうだよね。喉はね。吞みに行くときは誰と行くの?

鬼龍院:だんだん減っちゃってるんですよ。行ける日も限られちゃうし。やっぱり喉が気になっちゃうし。だから、ちょっと軽くご飯でもっていう人としか行けないっていうか。

逹瑯:メンバーとかとはご飯行かないの?

鬼龍院:行かないですよ! え!? 逹瑯さん行くんですか!?

逹瑯:行くよ、ツアー中はね。

鬼龍院:あぁ、ツアー中ですか!? ツアー中はメンバーと一緒にご飯行ったりしますけど、プライベートでは行かないですよ。逹瑯さんはプライベートでもメンバーさんとご飯とか行くんですか!?

逹瑯:いやいやいや、俺もツアー中しかメンバーとご飯行かないよ! 東京は絶対に行かないし。

鬼龍院:ですよね! ビックリしたぁ。プライベートでもメンバーとご飯行くのかと思ってビックリしましたよ!

――そんなもん?

逹瑯:そんなもんでしょ。

鬼龍院:そんなもんです。

――まぁそうか。ずっと一緒に居るからね、メンバーって。

逹瑯:そうそう。

鬼龍院:四六時中一緒に居ますからね。それに、プライベートだと、まったく行動時間が違うんですよ。他のメンバーとはまったく生活リズムが違うというか。僕、起きるのめっちゃ遅いんですよ。

逹瑯:そうなの!? よし。じゃぁ、ここからは、キリショーのプライベート時間を解き明かしていこうか。

鬼龍院:いやいやいや、いいですよそういうの(笑)。

逹瑯:だって、みんなそういうとこ知りたいんだもん、1番。ねぇねぇじゃぁさぁ、ツアーが終わりました。そこから3日後、やっと休みがもらえました! ひっさびさの休みです。さぁ、何をする? 何の予定もないんだよ! 1日ゆっくり出来る日です! これ大事だよ!

鬼龍院:友人とパーッと吞みに行くかAVを5時間くらい見ます! それくらいかな、やることと言ったら。

逹瑯:あははは。

◆インタビュー(2)へ