8月30日、日本一の秘境フェスと言われる<奥会津ロックフェスティバル2014>(通称:奥ロック)にアップアップガールズ(仮)が参戦した。

◆アップアップガールズ(仮) 画像

前日29日に<Hello!Project 2014 SUMMER 札幌市民ホール>にゲスト出演したアップアップガールズ(仮)は、早朝北海道から福島へ空路で移動、福島空港から車で約3時間の強行軍、向かう途中崖から落ちかねない細い山道を抜け会場の美坂高原へ。

出番になるとオープニングSE のOverture(仮)が鳴り響く中メンバーがステージに登場。佐藤綾乃の「奥ロック~!」という煽りと共に1曲目「イチバンガールズ!」でパフォーマンスがスタート。続いて古川小夏の「盛り上がるぞ~!」という雄叫びが鳴り響き、戦闘的なチューン「UPPER ROCK」で会場の熱をさらにヒートアップさせた。

この日は天気の心配もされていたが、関根梓が「皆の音楽大好きだという気持ちがここに一つに集まったから太陽が出た」と言った通り、アプガのステージは雲も吹き飛ばしての晴天に。16時を回った山奥でも熱気は都内のライブハウス並の熱さだった。

参加ミュージシャンの中では唯一のアイドル枠での参加となった状況にも、アプガは「大自然の中、コオロギや殿様バッタに囲まれアイドルの底力ぶつけていきます!」と高らかに宣言。「全力! Pump Up!!」から「チョッパー☆チョッパー」と秘境フェスに来たロックファンを煽りまくり、「アップアップタイフーン」では仙石みなみに代わり関根梓が神輿に上がって会場を沸かせた。最後の曲「アッパーカット!」では会場奥のテントからも拍手が巻き起こり、森咲樹の「奥ロック最高だ~」という声でライブが締めくくられた。

ライブを終えて森咲樹は「秘境の大自然の中でライブをやったのは初めてで、開放感溢れて物凄く気持ちよかったです!ステージ前に来て一緒に盛り上がってくれた皆さん、テントを張ってのほほんと音楽を楽しんでいた皆さん、出店の美味しい物を食べてアプガのステージを見てくれていた皆さん、この秘境にいるみーんなで大好きな音楽を共有できて、こんなに最高なことはないなって思いました。来年も是非奥ロックに出演できたら嬉しいです!」とコメント。

また、佐藤綾乃はフェスに参加できた喜びの声とともに「音楽が鳴るとテントの中から顔を出してくれたり近くまで来てくれたり団扇振ってくれたりと、奥地に集まったみんな仲間みたいな感じで、ロックフェスだけど凄く温かいライブになりました。」と奥ロックらしい思い出ができたことを語った。アップアップガールズ(仮)は奥ロックでのパフォーマンスを終えると、翌日に控えた8月最後のイベント<@JAM EXPO>に向け横浜へ向かった。

SET LIST
<奥会津ロックフェスティバル 2014 in 美坂高原>
2014年8月30日(土)美坂高原特設ステージ
■アップアップガールズ(仮)
Overture(仮)
01.イチバンガールズ!
02.UPPER ROCK
MC
03.全力! Pump Up!!
04.チョッパー☆チョッパー
05.アップアップタイフーン
06.アッパーカット!

◆アップアップガールズ(仮) オフィシャルサイト