アルバムごとにマスクを変えてきたスリップノットが、新作『.5: The Gray Chapter』のリリースにあわせ新マスクを公開した。

◆スリップノット画像

スリップノットはいまだポール・グレイに代わるベーシストとジョーイ・ジョーディソンに代わるドラマーの正体を明かしていない。ドラマーに関しては、かねてより元アゲインスト・ミーのメンバーで、ブルース・スプリングスティーンのEストリート・バンドのドラマー、マックス・ワインバーグの息子、ジェイ・ワインバーグではないかと推測されている。

また、ベーシストは、公開された1stシングル「The Devil In I」のビデオを見るに、元Krokodilのギタリストで、マストドンやコヒード・アンド・カンブリアのギター・テクだったAlessandro“Vman”Venturellaではないかとの噂が流れている。手のタトゥが同じだという。

スリップノットの新作『.5: The Gray Chapter』は10月15日に日本先行発売。バンドはその後、<KNOT FEST JAPAN 2014>で来日する。



Ako Suzuki, London