ポール・マッカートニーが、来週火曜日(9月23日)に米NYの国連本部で開催される気候サミットに先立ち、<Meat Free Monday Pledge(肉を食べない月曜日宣言)>キャンペーンへの参加を呼びかけている。

◆ポール・マッカートニー画像

これは、食肉生産が温室効果ガス排出の14.5%を占めるため、週1回肉を食べるのを止めることでそれを減らそうと訴えるもの。

ポールは木曜日(9月17日)、「君たちの助けが必要だ」とのコメント映像を発表し「Pledge.meatfreemondays.comにログインし、“肉を食べない月曜日”という考えをサポートして欲しい」と呼びかけた。最後、ラップのようになってしまったのはおかしいが、訴えは真剣。

多くの人が参加することで政治家を動かしたいという。詳しくはPledge.meatfreemondays.comまで。


Ako Suzuki, London