ザ・スミス、グリーン・デイ、ナイン・インチ・ネイルズ、ビル・ウィザースが2015年ロックの殿堂入りへ初のノミネートを果たした。この4アーティストは、一般とロックンロールの殿堂の投票団体から十分な票を得られれば、2015年に殿堂入りの権利を獲得することになる。

◆グリーン・デイ画像

今回の殿堂入りには、ほかにもN.W.A、ルー・リード、スティング、ポール・バターフィールド・ブルース・バンド、クラフトワーク、シック、ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ、マーヴェレッツ、スピナーズ、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ウォーなどのアーティストも候補に挙がっている。本年度のノミネートについてロック・アンド・ロール・ホール・オブ・フェイム・ファウンデーションのジョエル・ピアスマン会長兼CEOはこうコメントした。

「これらのミュージシャンは幅広く多才なアーティストであり、長年に渡ってロックンロールがいかに進化したかを示す人材です」

ロックの殿堂の投票団体はミュージシャン、音楽の歴史学者、業界関係者を含んだ700人以上におよぶ会員から成り立っており、ファンからの投票と合わせて決定されることになる。ファンはwww.rockhall.com/voteで12月9日まで投票することができる。

2014年のノミネートアーティストは、ファーストシングルまたはファーストアルバムが1989年以前に発売されていることが条件となっている。この式典はロックの殿堂があるオハイオ州クリーブランドで2015年4月18日に行われる予定だ。