L'Arc~en~Ciel初のドキュメンタリー映画が、12月5日より8日間限定で全国公開されることが発表となった。

◆L’Arc~en~Ciel 拡大画像

タイトルは『Over The L'Arc~en~Ciel』。映画製作は2014年3月に開催された国立競技場公演で発表されていたが、2012年のワールドツアーを追ったムービーが12月に公開されるということのみが伝えられていた。

そして完成した映画は、2012年3月3日の香港公演を皮切りに5月31日のハワイ公演まで、全世界14都市17公演で行われたワールドツアー<L'Arc~en~Ciel WORLD TOUR 2012>に密着したもの。ド迫力のライヴ映像に加え、これまであまり明かされることがなかったバックステージやオフショットなど貴重な映像が収められたドキュメンタリーだ。

監督を務めたのはアメリカ出身の映像ディレクターRay Yoshimoto氏。音楽の殿堂マディソン・スクエア・ガーデンで行われた日本人史上初の単独公演や最終のハワイ公演で彼らが見せた涙の理由も明らかに。

このたび解禁されたポスターは、朱に染まる4人と「世界が見たラルク、ラルクが見た世界──」のコピー、そして“Over The L'Arc~en~Ciel”のタイトルが、その熱狂を物語る仕上がりだ。ドキュメンタリー映画『Over The L’Arc-en-Ciel』は12月5日(金)より8日間限定で劇場公開される。

■ドキュメンタリー映画『Over The L'Arc~en~Ciel』
2014年12月5日(金)~8日間限定公開
(C) 2014 MAVERICK DC
監督:Ray Yoshimoto 出演/音楽:L’Arc-en-Ciel
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン 制作:ライブ・ビューイング・ジャパン/Day-O Productions
2014年/日本/ビスタサイズ/5.1ch/カラー/デジタル
【STORY】
香港、バンコク、上海、台北、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、ジャカルタ、ソウル、横浜、大阪、東京、ホノルル――。2012年3月3日から5月31日まで行われた、世界14都市、17公演行われた初の大規模ワールドツアーに密着。総動員数45万人。バンド結成20周年を迎えたL’Arc-en-Cielが、日本のロックバンドでは前代未聞の大規模な海外ツアーに挑戦。迫力のライヴ映像に加え、これまでほとんど公にされることのなかったバックステージやオフステージの姿まで記録した貴重映像満載の一本だ。メンバー4人が見せる等身大の柔らかな表情。ニューヨークで生まれた新しい伝説――世界中のトップ ミュージシャンがめざす音楽の殿堂、マディソン スクエア ガーデンでの日本人史上初の単独公演という快挙の舞台裏。そして虹のかかる美しい土地で見せた涙の理由とは…!?

◆L'Arc~en~Ciel オフィシャルサイト
◆L'Arc~en~Ciel レーベルサイト