テイラー・スウィフトは、常にボディガードを引き連れて歩かなくてはならないのは不本意だが、そうせざるを得ないほど彼女に脅迫やストーカーまがいのことをする人が多いという。

◆テイラー・スウィフト画像

『Esquire』誌最新号のインタビューでこう話した。「セキュリティをつけるっていう考えにはずっと反対だった。フツウってものを本当に大切に思っているから。本当にそうなのよ。1人でドライブできたらって思うけど、この6年してないわ。(ボディガードが)車の後ろにいなきゃいけないの。だって、私の家や母の家に現れたり、殺すとか誘拐するとか脅してきたり結婚しろって言ってくる男性がものすごくたくさんいるんだもの」

「これは私の人生の奇妙で悲しい部分で、あまり考えないようにしている。楽しくしていようって思う。怖いのは嫌だから。怖がりながら道を歩きたくない。ボディガードがいれば、怖い思いはしなくて済むわ」

この春、自分はテイラーと結婚しており、2人の間に立ちはだかるものは家族でさえ殺すと主張する男性に対し、テイラーおよび家族の周りに近づかないよう接近禁止令の判決が下されたばかり。2013年も、テイラーの家に不法侵入を企てた男が逮捕されている。

Ako Suzuki