ジャスティン・ティンバーレイクが主演を務める映画『ランナーランナー』に、デッドマウスが映画初出演を果たしていることがわかった。

◆映画『ランナーランナー』画像

ネズミDJの名で呼ばれるDeadmau5(デッドマウス)ことジョエル・ジマーマン(Joel Zimmerman)は、グラミー賞のノミネート経験もあり、エレクトロニック・ミュージック・シーンの第一人者ながら、しばしば物議を醸す発言で話題を集めるカナダ人トラックメイカーだ。本作ではそのデッドマウスのまま、DJとして登場する。出演は、ベン・アフレック演じるカジノ王ブロックの豪勢なパーティ会場で屋外ライブを行うシーンだ。

ブロックのカジノの詐欺行為に怒り、彼のもとに談判に乗り込んだ主人公リッチーがジャスティン・ティンバーレイクだが、彼が目の当たりにするのがデッドマウスのライブというストーリー。これをきっかけに“ニュー・アメリカンドリーム”を夢見る若者リッチーは、ギャンブルの世界に足を踏み入れることとなる。

ライブ時には巨大なキューブ型ステージを組み立ててプレイすることが知られているデッドマウスだが、本編内でも彼のパフォーマンスは健在だ。ブースの内側も観られるという、普段のライブではありえない必見映像も見どころだ。逆転に次ぐ逆転劇『ランナーランナー』だが、その引き金となる彼の音楽も存分に楽しめることだろう。


映画『ランナーランナー』
プリンストン大学に在学する天才学生リッチーは、貴重な学費をオンライン・カジノのポーカーでスッてしまう。合法カジノのペテンに気づいた彼は、カジノの胴元のサイト・オーナー(ベン・アフレック)のもとへ談判に乗り込んでいくが、そこで待ち構えていたのは、自分の命を賭けることになる一世一代の大博打だった。カジノ王にFBIまでもが絡み合う裏社会で、リッチーが勝ち抜くために選択した一手とは?
監督:ブラッド・ファーマン『リンカーン弁護士』
製作:レオナルド・ディカプリオ、アーノン・ミルチャン、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、マイケル・シャンバーグ、ステイシー・シェア、ブライアン・コッペルマン、デヴィッド・レヴィーン
脚本:ブライアン・コッペルマン&デヴィッド・レヴィーン『オーシャンズ13』、『ラウンダーズ』
キャスト:ジャスティン・ティンバーレイク『TIME/タイム』、ベン・アフレック『アルゴ』、ジェマ・アータートン『007/慰めの報酬』、アンソニー・マッキー『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』
2013年/米/カラー/スコープサイズ/5.1ch/上映時間91分
原題:RUNNER RUNNER
配給:プレシディオ
(C)2013 Twentieth Century Fox Film Corporation.All Rights Reserved
11月21日(金)より、TOHOシネマズシャンテ 他 全国ロードショー

◆映画『ランナーランナー』オフィシャルサイト