来春の無期限活動停止を発表しているBerryz工房が、11月12日にラストシングル「ロマンスを語って/永久の歌」のリリースイベントを池袋サンシャインシティ噴水広場で開催し、2015年3月3日のメジャーデビュー記念日に日本武道館公演を実施し、同公演をもって、Berryz工房としての活動に一旦区切りをつけることを明らかにした。

◆ミニライブ終了後、記者会見中のBerryz工房 画像

発表は、イベントの終盤にキャプテン・清水佐紀から。

「8月に、来年春での無期限の活動停止を発表させていただいた私たちですが、来年の3月3日、デビュー記念日に日本武道館でのコンサートが決定いたしました。ありがとうございます。そしてですね。この日をもって、Berryz工房としての活動に、一旦区切りを付けたいと思います。」── 清水佐紀(Berryz工房)

なお、2015年1月21日には、活動停止前ラストの新曲「Love together!」を収録したラストアルバム『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』がリリース。さらに、2月28日と3月1日には有明コロシアムにてライブを開催。さらに3月2日もイベントを実施する予定だ。

  ◆  ◆  ◆

おなじみのオープニングSEとともに、大歓声を受けてクリスマスのディスプレイが施されたステージに登場したBerryz工房の7人。

しかし、次の瞬間、始まったばかりの神秘な夜は、2000人の驚きの声へと変わる。無期限活動停止前ラストシングルのリリースイベントの1曲目として響き渡ったのは、聞き慣れたフォークロア調のイントロ。それは、彼女たちのこの手のリリースイベントではなかなか聴くことができない、まさかのデビュー曲「あなたなしでは生きてゆけない」だった。

「私たちにとってたくさんの思い出が詰まっているデビューシングル、『あなたなしでは生きてゆけない』を聴いていただきました。」と、ももち。自己紹介をはさんで「ロマンスを語って」を披露する。きらびやかな鈴の音と、7人で形作られるハート型。そして未来を信じ、過去を愛する雅ちゃんの笑顔。ともすれば、ちょっぴり早いサンタさんからのプレゼントが噴水広場へと届けられたような、そんなやさしさと暖かさが一気に吹き抜けていく。

さらに「ライバル」「普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?」を続けてパフォーマンスしたのち、須藤茉麻が、今回の(「永久の歌」の)衣装が、デビュー曲の「あなたなしでは生きてゆけない」の衣装と同じ、チェック柄であることを話す。そして菅谷梨沙子が当時の写真を掲げてみせる。

「下がイベントの様子の全員ショットということで、1、2、3、4、5、6。はい。全員出席ですね。」と、写真に写っているメンバーを数えるももち。途端に「してないよ!」「7人グループでしょ!」と総ツッコミが入る。しかし、確かに写真には6人しか写っていない。そこで夏焼 雅が「よーく見るとね。腕が見えるんですけど、実は、どこだっけなぁ。……ここ! (観客側からは)見えないと思うんですけど、5本指はちゃんと見えてるの。清水ちゃんの。」と、キャプテン・清水佐紀が“手のみ”写っている写真であることを紹介した。

もっとも、この写真についてはメンバーも不満気味。「なんでこの写真を選んでくるの? 若干、悪意を感じます」と徳永千奈美。スタッフサイドで写真を探したものの、この一枚しかなかったということを明かしたももちは、「手だけでわかる存在感。さすがキャプテン。」と、テキトーなフォローをしたばっかりに、今度は徳永から「わかんなかったじゃん! さっき6人て言ってたじゃん!」と、再びツッコまれるのだった。

トークはデビュー当時の話に。徳永は「とりあえず怒られた毎日だった。怒られすぎてなんでこの人はこんなに怒っているのかという疑問を毎日抱いてた。」と振り返る。一方、ももちは「写真の撮られ方とかも全然わからないから、半分以上が目をつぶってたりしてたんだけど、今となっては自分の可愛い角度? ももちだったら、ここからなんだけど。そういうのもわかるようになって、成長しているなーって思います。」と、キャプテンが思わず「どうでもいいよ!」とツッコんでしまうほどにどうでもいい情報で、会場を楽しませた。

そして、ここで、キャプテンからお知らせが。

「8月に、来年春での無期限の活動停止を発表させていただいた私たちですが、来年の3月3日、デビュー記念日に日本武道館でのコンサートが決定いたしました。ありがとうございます。そしてですね。この日をもって、Berryz工房としての活動に、一旦区切りを付けたいと思います。」── 清水佐紀

日本武道館公演決定の発表の時こそ沸いた2000人。しかし、この日がBerryz工房としての区切りの日になるという言葉が出た瞬間、女性ファンからの悲痛な叫び声が漏れる。もちろん、ある程度の覚悟はしていたが、いざ、残りの時間を宣告されると、その瞬間、言葉を失ってしまっていた。

続けて、徳永千奈美からは、2月28日と3月1日に有明コロシアムでライブを開催し、3月2日もイベントを実施することが明らかにされる。そして、熊井友理奈からはラストアルバム『完熟Berryz工房 The Final Completion Box』が2015年1月21日にリリースされることが発表される(このアルバムには、活動停止前ラストの新曲「Love together!」を収録)。

「このアルバムは私たちの10年間の想いがいっぱい詰まったアルバムになっていますので、たくさんの方に聴いてもらえたら嬉しいなって思います。よろしくお願いします。」── 菅谷梨沙子

加えて須藤茉麻からは、9月11日に日本武道館での映像が、11月12日の22時よりBerryz工房10周年特設サイトで公開される旨が告知された。

  ◆  ◆  ◆

ミニライブ終了後には、集まった報道陣を前に会見を開いたBerryz工房。フォトセッション時に少し前屈みな姿勢をとり続けたことで、会見直前、雅ちゃんは「ずっとこうして(屈んで)たから、太ももがぷるぷるしてきちゃって。あははっ」と、可愛く照れ笑い。一方、「なんか緊張しちゃーう。」と、ももち。

まずイベントの感想を訊かれると、「今回のシングルはBerryz工房にとってラストシングルになるので、今まで以上にメンバーの想いも強いし、360度いろんな角度から観られているので、ちょっと緊張もしたし、あのー、ももち結び大丈夫かなって念入りに、いつも以上に時間をかけたので、毛先もちょっとくるんと。いつもよりカール多めで今日臨みました。」と、会見が始まる前にこぼした「緊張しちゃう」という言葉とはなんだったのかというほど、ももちは最初からぶっこんでいく。

そして、1曲目がデビュー曲だったことには、「すごく久々に『あなたなしでは生きてゆけない』を歌わせていただいたんですけど、その時のファンのみなさんの声援が「うぉおお!」ってすごい期待をしててくれて、すごい嬉しかったなって思うし、私たちにとっても大事な曲なので、涙を流す娘たちもたくさんいて、私も少し泣きそうになりました。」と、昨今すっかり涙もろくなった雅ちゃんが、その光景を思い出し、愛おしむかのような眼差しで語る。

なお、今後どのグループにハロー!プロジェクトを代表していってほしいかという質問には、キャプテン・清水佐紀が「そうですね、どこにも負けたくないって気持ちは今でも持っているんですけど、やっぱり同期の℃-uteは、今までハロー!プロジェクト・キッズとして一緒に12年、13年がんばってきたので、℃-uteには今後のハロー!プロジェクトを託したいなと思います。」と、コメント。「あの5人ならやってくれる。」と期待を込めた。

なお、2015年3月3日以降について、徳永千奈美は、Berryz工房と同じくらい強い気持ちを持っていたもうひとつの夢であるアシカトレーナーになるため、スイミングスクールに通いたいと話す。一方、須藤茉麻はお芝居をやりたいと女優を志望。古着屋さんが大好きだという菅谷梨沙子は、「ひっそりそういうところでちょっと働いてみたい」と夢を語っていた(とはいえ、カントリー・ガールズのプレイングマネージャーに就任した嗣永桃子以外は、現状未定である)。

「やっぱりBerryz工房は面白いなってみんなが思ってくれれば。涙もあり、でも最終的には笑顔で終わるという、Berryz工房らしさが出せれば。」── 夏焼 雅(2015年3月3日の最後の日本武道館公演について)

なお、Berryz工房の活動停止前ラストシングル「ロマンスを語って/永久の歌」は、初日デイリー2位を獲得している。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)



◆BARKS Kawaii